テーマ:山の花

里山歩き

西山・・小塩山(642m)へ 今年初めてのハイキングです。 うん十年間続けてきた正月の山歩きにも行けなかったので 歩くことが心配でした。 12人がタクシーに分乗して善峯寺へ 杉谷の里を左へ行くとポンポン山 右に折れて東海道自然歩道を歩く 柔らかい春の山々 ああ 絵に描けたらなあ スミレに ムラサキと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比良山系・八雲湿原へ

この頃の山歩きは、愛宕山がもっぱらだった。 比良山系の山は6年ぶりかな。比良の花に合いたい思いが募り ご近所の友たちを誘った。 比良のリフトや登山口までのバスがなくなり、すっかり遠のいていた。 ところが、比良駅からイン谷口まで土日だけ、バスが運行されていることを最近知った。 コブシ、イワウチワ、イワカガミ、ショウジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若葉の愛宕山

5日、今年3回目の愛宕山へ 近所のM子、私と同年齢。健康のため週一回は大文字山を歩いているという。 「愛宕山へ行かないか」と誘うと喜んで同伴。 愛宕山へは独行だった私にも山友が出来てうれしい限りだ。 西大路四条から清滝行の京都バスに乗車。いつもは空席があるのに今日は団体客があり、満席だ。京都駅発の清滝行はどんどん本数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪解け スイスの花

昨夜の薬が残っているのか、今朝も体がだるい。 でも週一回の早朝ラジオ体操に出かけてきたおかげか、体調がスッキリしてきた。 そうなると せっかく遠い地で巡り合った花たちを紹介したくなる(ゲンキンだね) ピントずれの花が多いけれど・・・ フィルスト~山上の湖バッハアルプゼー~グロースシャイデックでの花(6月28日) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スイスは花真っ盛り!

6月27日から9日間、「花・スイス・アルプス・ハイキング」のツアーに参加。 友人たちに海外は去年で終わり、と宣言していた。 体力の不安もあったが「花・・・」に魅かれて、決断した。 事前にきんちゃん夫婦宅で5人の顔合わせ前夜祭。 私とキヌタンとヨウコさんとは初顔合わせ キヌタンは料理のプロで、きんちゃ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

初歩き 愛宕山

2日は、初歩き その昔は、比良の武奈ヶ岳へ。今は愛宕山になっている。 昨年の初歩き以来、愛宕へは一年ぶりだ。 こんなことも珍しい。 寄る年波ってことか バス路線も変わり、阪急嵐山駅へ寄り道をした。 いつもぎゅうぎゅう詰めなのに 座席もゆったり バスを下りても 雪はない 木々に その面影もない…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大失敗!

4月29日 好天気に恵まれ、5人で笠置山(288m)へ  京都駅から奈良線の木津で乗り換え 一駅の加茂でまた乗り換え、笠置駅で下車 駅のホームで 今日はスキ焼だからね。 たっぷり牛肉を持ってきたからね と 話しながら ハッ! うわあー ガスボンベ、買って用意していたのに忘れて来た! えっ! みんなの疑…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

比良の石楠花当たり年!

明日(2日)はお天気のようえ。どこか行こうか 山の乙女から 夜8時頃の電話 現役時代は よく二人で近郊の山を歩いた あかんたれの私を  引っ張るように 山へ誘う 予定していた「赤坂山」へは JR京都駅のホームを間違い 間にあわず 急きょ 北小松からワンゲル道へ変更 二人の間では よくあることだ。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ラッキーな 愛宕山歩き

行楽日和の報に誘われて、愛宕山へ散歩に                           日暮らしの滝                             梨の木谷は道が出来ていますよ 清滝行きの京都バスは満員! 隣席の女性に「梨の木谷は通れますか」と聞くと 「首なし地蔵まで道が出来ていますよ。 水流で伐…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

思い出の一枚  夏山

やっぱり 山と山の花ですね                      チシマギキョウ 白馬岳~雪倉岳~朝日岳への山歩き 7月26日~29日の4日間。いつもの仲間と夏山へ 事前の足慣らしができないまま10日間、30分のジョギングで当日を迎えた。 思い切って20㍑のリュックに着替えも最小限に詰め込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山でお月見

十五夜は22日だけど、「富士山でお月見どう」と声がかかった。 ええなあ 日本一の山でお月見なんて 洒落てる! 18日、私より年配のお二人の女性と3人で出かけた 私は24年ぶり。K子は50年ぶり。 誘ったH子は、何回も登っている。外国の山をめざして、高度に慣れるためらしい。 砂走口(すばしりぐち)からのコース…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミツバツツジの誘い

久しぶりの比良山を歩く ミツバツツジがトンネルのように咲いている道だとK子 北小松→涼峠→ヤケオ山→釈迦岳→ワンゲル道→イン谷口のコースだ 標識に釈迦岳からワンゲル道は(難所)とあるとおり 道は荒れ、急直下を2.3回。 こんなにきつかったかなと根っこを頼りに下る このワンゲル道はシャクナゲもき…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

燃える島 沖縄

北緯27度線 ご存じだろうか 1952年4月28日 サンフラシスコ条約が発効した日 当時の吉田首相は 「遂に自由と独立を回復し得た」と言ったが 沖縄は米国の占領下におかれ、 北緯27度線が国境とされた。 日本の一部が占領されて どうして「独立」といえるだろうか 4月28日を「屈辱の日」…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

八ヶ岳・横岳への花

火山群の 岩礫に咲く いとおしき 二日目は花の横岳へ 青紫と水色のオヤマノエンドウ 初対面のチョウノスケソウ(長之助草 バラ科)にわくわく ・・発見者の名前が須川長之助 葉は小判に似る …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

八ヶ岳 自然と森の学校で 高山植物を愉しむ

2回目の学校参加です 友人の車で原村のペンションで前泊 夜半に降っていた雨が止み、4日、5日は梅雨の中休みとなった コースは 夏沢鉱泉→オーレン小屋→硫黄岳→硫黄岳山荘泊→横岳→硫黄岳→赤岩の頭→夏沢鉱泉 去年は6月 咲いたばかりの ツクモグサにお目にかかれた 7月の今年は、白鳥先生曰く 花が二週間遅れていると…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

タガソデソウ(誰袖草)

松本の旅で名前がわからない花を二つUPしていました。 白い花は タガソデソウ(誰袖草)、黄色は クサノオウとわかりました。 旅に同行したHさんの山友、K子さんが、乙女のブログを見て Hさんにメールで知らせてくれたのです。 嬉しいです! K子さんのメールでは   タガソデソウは本州中部地方にのみ分布、   透き…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ムラサキヤシオ & 庭の花

旅の三日目は乗鞍高原へ シロヤシオは 比良でお目にかかっていた 長い間 ムラサキヤシオに 会いたかった だけど花は 開き始めたばかりだった 写真で見るより 濃赤紫だ 高原の風が心地よかった白樺              カラマツ                 池に映る乗鞍岳 旅から帰ると 花がた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ストレプトカーパス

山歩きをなぜするのだろうか  根っこの道、がれきの道、曲がりくねった道、急登の道を超えて味わう達成感か   日常の暮らしにない 緑の風、自然の植物などに癒されることか  山を歩きたいために、健康に留意できるからか  それだけではない  人との一期一会    さわんど温泉・ペンションしるふれい には二度目の宿泊  …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

禍転じて福となす

戸谷峰 そこはニリンソウの山でした 上高地のカラマツの芽ぶきとニリンソウに逢いたかったのですが 釜トンネル出口の落石事故があり、急遽、松本市北東の戸谷峰(1629m)に決まりました。 これがとても歩きやすくて 花の山でした 山岳ガイドの福田氏の案内、ペンションしるふれいオーナーがビデオに撮影、Kさんが花の名前を教えて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

群生イワウチワ 比良

私には 少し しんどい山だけど 花に逢いたくて出かけました。  19日 イン谷口→青ガレ→金糞峠→堂満岳(1057m)→イン谷口 4月の比良はいつもなら雪があり、この季節にはあまり登ったことがありません 春の比良は 初めてでした コブシが ツツジが 山桜が 新芽の木々が 山を彩っていました …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

幸せの花 フクジュソウの山

きらきら黄金の色が 山を染めていた 誘われて7日の朝7時、鈴鹿山脈の藤原岳に向かった 雪解けに咲く花でなかなかお目にかかれなかった フクジュソウ 西藤原駅近くの駐車場に車を停め、聖宝寺コースを登る いきなり階段、急登が続く 二合目、三合目、四合目 そして八合目で大貝戸からの合流を過ぎた頃 前の女性パーテイから…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ポンポン山へ・・出会った花

縄がぶら下がる不思議な光景を見ました 今日の山歩きは、大阪府と京都府の境界にあるポンポン山(678.9m)です。 JR高槻駅からバスに乗り、神峰山寺(かぶさんじ)から東海道自然歩道を歩くコースです。 このぶらさげ縄は、勧請掛(かんじょうがけ)というそうな 勧請掛とは 縄に樒(しきみ)を結びつけたもので、聖地との…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

紅葉 いまひとつ

蓬莱へ 三か月ぶりの山歩き 夏山以来 山の空気を吸っていない 咳が出るが 山が 呼んでいる  2日 予定がキャンセルになった 明日、山 行かへんか 私より若い 2人を誘い 平~権現山~蓬莱山(1,174m)へ これ、何の実?  茎見るとマムシグサやね   …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

伊吹山の花畑は 超最高でした

1377mのこの山に 数年前までは3合目から頂上まで歩いていました。 最近は、関ヶ原からのドライブウェイを使って、一気に9合目(1260m)まで上がって、 3キロの花畑コースを楽しみます。 この日(8月3日)は、朝6時半、二台の車で出発。 頂上はガスって 涼しい散策となりました。 お昼は 日本武尊像を背に 冷や…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

夏山 南岳小屋~新穂高温泉の花々④

南岳小屋は、南岳から15分ほどでたどり着く とてもきれいな小屋で、食事も手作り風で、味付けも口にあった。トイレはバイオの巡回式だった。 収容数は80人。こじんまりした小屋だ。自分への記念に手ぬぐいを購入する。 31日 4:56 A子撮影               …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

夏山 双六小屋~南岳小屋の花々③

7月30日 Am5:30双六小屋発 西鎌尾根~3000m級の大喰岳、中岳、南岳へ 山小屋では16:30夕食 20時には もう就寝についていた 夜半にトイレへ行った人曰く「星がものすごくきれいだった!」 ああ、残念! 一度目覚めたのに 眠ってしまったのだ 今回は槍岳の頂上は登らない。 ちょっと残念な気もするが、やむをえない。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夏山 鏡平~双六小屋の花々 ②

鏡平の池から少し歩くと、すぐ鏡平小屋です。 乙女は一番に「メロン氷」を注文 ¥400。 「ああ!美味しい!」 一杯の氷にあちらから、こちらから手が伸びてくる。 この小屋で休憩するのは3度目。トイレも水洗式になり利用料¥100。 ク~ロユリは恋の花・・♪  愛する人に捧げれば・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏山 新穂~鏡平の花々①

28日、槍平小屋へ先発予定のHから雷雨のため、新穂高温泉で待機中と連絡が入る 下山してくる人もなく、渡沢の事情もわからない。京都の4人が新穂高に到着した頃には、幸いに雨は止んでいた。コースを変更して、ワサビ平小屋へ向かう。一時間少しで到着。ここで宿泊。 29日 4時半朝食、5時半出発。鏡平~宿泊予定の双六小屋へ      …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

六甲で出会った ササユリ 

やっと出会えた 貴重なササユリ一輪 24日、芦屋川駅→ロックガーデン→東おたふく山→六甲最高峰→有馬温泉のコースで、 たしか七曲の手前だったか、最後尾のKから声がかかった。 「ササユリが咲いてるで!」  「えっ ほんま?」と後を振り返った乙女 山道の傍に一輪、咲いているではないか デジカメ持参の者が、次々と撮影 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

八ヶ岳の水洗トイレ

今回の八ヶ岳(夏沢鉱泉~硫黄岳~横岳)行きで、                     印象に残った一つに、硫黄岳山荘(2650m)の 水洗トイレがあった。 それも便座は暖かくて、ウォッシュレット付きだった。 山を歩き始めた頃 夜中にトイレに行きたくなると、 枕元に用意したヘッドランプを持って、 暗闇の中を、山小屋の外…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more