それから思うこと

ブログのメンテナンスの機会に、過去のテーマ別の記事を読んでみた。そこには、今の私が忘れた「私」がいた。 この頃、知性の劣化体力の減退記憶の障害が私を鈍化させている。 忘れた「私」に感動する今の私回復するだろうか
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後に開いたフラグラント・レディ

薔薇に夢中になった頃 「誕生祝いは薔薇でちょうだい」 10年ほど前にそう言っていました。 妹がくれた薔薇フラグラント・レディ(メイアン)です。 今年の土入れ替えの時、ガンシュ病にかかっていたのです。 それが我慢して育ってくれました。 挿し木すれば残ってくれるかな ホタルブクロも咲きはじめました。 種がいっぱい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもしろきもの・・花

我が家で初めて咲いたバイカウツギ 向かいの方から茶花にいいよ と貰った木 雪のような四弁の花 枝は弦のように伸びて 葉は対生 ユキノシタ科 次回のお茶けいこに持って行こう。 ヤマホロシ・・・本によると外来の西洋ヤマホロシらしい 去年、きれいな鉢のままミユキさんから貰った。 たくさん伸びていた枝をコンパクトに剪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブルーマゼンタ&よく似た薔薇

ようやく咲いた薔薇 ブルーマゼンタはミミエデンに次いでうどんこ病にかかりやすい 今回は一回しか消毒していないからか 来年はもう少し増やしてやろう 枝がどんどん伸びるので短く切ったのに よく伸びる お日様が当たりすぎの時間になったので光を背に影を作って写した。 右の薔薇は近所のTさんちから挿し木をもらい ようやくた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥ずかし乍らオープンガーデン

私のローズガーデンは壁塀に咲かせ、いつもオープン 薔薇好き、花好きの友人二人が見にくるという カクテルは終焉だし、貴重な薔薇は無くなっているし 恥ずかし乍らのオープンガーデンだ。 バレリーナを見ていた近所の女性二人 「イヤリングにしたいし一枝欲しいわ」と一人が 「挿し木にしたいわ」ともう一人が。 「どうぞ どうぞ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しい香り・・回復

今日の薔薇 シロレンゲ・・・咲いた 咲いたレンゲの花が プレイガール 白鳥・・・剣弁高芯咲きで凛として 朝の光に輝いて・・・オレンジ一重 今日の庭の花・・・モチツツジ   去年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この子はだあれ」わかったよ

図書館で野の花のページを繰っていました よく似た花がありました。 その名は    オミナエシ科ノジシャ 自宅で再度調べると ありました。 ヨーロッパではサラダ用に栽培されていたそうな 茎は対生し、ふたまたに数回分岐し、薄紫の小花 そうです。そうです。この花です。 江戸時代には長崎で栽培されていたものが野生化した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンティベス&庭の花

今日はピンクの花で 20年前に我が家に訪れたDainty Bess(1925年 イギリス アーチャー) 香りあり、紅ムラサキの花芯が私のお気に入り 一重の5弁もやさしくて 蕾の姿とそれをつつむガクがスマートでしょ カスミソウ  毎年ミユキさんから新苗をいただいてプランタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏 優柔不断の私

昨日から準備した 明日は比良の堂満岳に行こう イワウチワに会いに行こう。シロヤシオにも会いたい。 一人では心配なのでK子を誘う するとどうだろう。びっくり! 「今病院。今日、湖南アルプスで滑落して座骨骨折」 私も気をつけなくっちゃあと リュックに雨具や水、非常食を用意。 江若バスの時刻を確かめる。 明日は自宅を6時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優しさを貰った本

『いっぱいごめん いっぱいありがと』 図書館の狭いテーブルに座って読んでいた 認知症者の母を介護する岡上さんの 絵と文が、私の父や母のことと重ねて 胸が締めつけられ 涙が止まらなかった 周囲の人に気づかれないように 涙を拭いた。 認知症状が怪しくなってきた96歳の父 足腰をサポートしながら日常生活を暮らす9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高雄&カクテル

大切な薔薇が一つひとつ無くなっていくなかで 母が庭に植えた高雄が今年も立派に咲いた。 孫が40年前「おばあちゃんこの花買ったら」と進めてくれたと この花が咲くごとに語る母 高雄は1975年作だからまもなく入手したことになる。 四季咲き大輪種 母が一輪切ってコップにさしてリビングに飾った。 花の好きな父が「大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山歩き

西山・・小塩山(642m)へ 今年初めてのハイキングです。 うん十年間続けてきた正月の山歩きにも行けなかったので 歩くことが心配でした。 12人がタクシーに分乗して善峯寺へ 杉谷の里を左へ行くとポンポン山 右に折れて東海道自然歩道を歩く 柔らかい春の山々 ああ 絵に描けたらなあ スミレに ムラサキと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉&悲

薔薇の成長を見ながら水やりの毎朝 そろそろ黄モッコウ薔薇の咲く頃だ 鉢を並べた塀の側道に出た やったね! 蕾が開いてきた 今日の天候(27度C)によるといっせいに開くんだろうな 隣の鉢のローズマリー(ER)の蕾は膨らんだかな えっ 何! やられた! 昨日の朝は異常なかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残の桜&鯉の産卵

4月4日、ブログに天神川沿いの倒木桜をUPした。 TVや京都新聞でも報道されていた。 京都新聞報道では、管理する国土交通省淀川河川事務所桂川出張所によると、4月中に樹木医の診断を受ける予定という。 あとがどうなっているか見に行かなっくちゃあ 今朝、散歩にいくことにした。 5時半頃、天神川沿いを歩いていると 川から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい花の挿し木をもらった

お茶の仲間からもらったので そう言ってT子さんが私に持ってきた挿し木の花 ハナイカダではないか よくつくからと言われたらしいが 葉がしおれかかっていた。 大丈夫かな。 水切りして半日置いておくと葉がしっかりひらいてきた 茶花を育てる本を見ると 花は雌雄異株で花材にするには 雌株と雄株を植えるとあるが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キュウリグサ発見

「この子はだあれ」と野の花を探しているときに 野草雑誌でキュウリグサを知った。 今日、ほんとに久しぶりに庭の草とりをしていると あれ! これ、キュウリグサじゃないかな 花序がくるりと巻いているし ワスレナグサの花に似ているしね えっ うちの庭に咲いてたんや いつから? 今まで、草としてひいていたのかな ム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この子はだあれ

毎朝、愛宕山に語る 東山の日の出に反射して輝く あなたにいつ会いに行けるだろうか 毎年初登りしていたのに 今年は正月にも行けなかった。 足を鍛えるために この頃 散歩から始めた カラスムギの林からの愛宕も面白いね。 堤防で見つけたこの花 なんて名前だろうか ここ 一週間 悩んでいる 花は薄青色 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びらが走る!

桜の花びらが道路にいっぱい  公園の石にも花びら模様(4月14日) 今朝(15日)、公園でラジオ体操のあと 公園を出て車道に出た 一瞬 強い北風が吹き 桜の木から花びらが流れ、花吹雪 風は止まず 車道に散っていた花びらをすくい上げた 私は目を疑った 桜の花びらの外輪が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロヤマブキ&ヤマブキ

一重の花が好き 茶花に欲しいとシロヤマブキを育てた 黄色のヤマブキとどこが違うのか 近所の方から3年前に挿し木をもらった シロヤマブキ・・バラ科シロヤマブキ属 花は4弁 葉は対生で葉脈が細かい ヤマブキは・・バラ科ヤマブキ属 花は5弁 葉は互生で葉脈は荒い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝垂れのカーテン 毘沙門堂

JR山科駅から歩いて20分ほどで毘沙門堂 ご近所の女性たちと毘沙門堂へ花見 レースのカーテンのような枝垂れ桜 ちょうど見頃でした。 えっちゃんとちさとさんはお茶や踊り、楽器の腕が上がるように 弁財天の神様にお詣りです 公園の大きな桜の木の下でお弁当を食べ 疎水の際を散策 花筏のような流れも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more