ニゲラの不思議

チズさんから貰った種 プランターいっぱいに蒔いた ある日、先の丸いのが開きはじめた レースのような葉をあしらい 青い花が咲き シベが喜びの表情を見せてくれた それは、まるでチュチュをまとい白鳥を踊るバレーリーナのように ところが しばらく見ないあいだに シベが見えなくなった 大きな丸い実生が生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至福のとき 薔薇物語

体調不良のあいだに好きな薔薇をいくつか枯らしてしまいました。 今年は残った薔薇たちに「愛」を注いだのです。 気を入れた分、しっかりと答えてくれた薔薇たち モッコウは終わり、カクテルの第一次はそろそろ終わりか バレーリーナが咲き始めました。 あちこちの友人宅にお嫁に出して、花の便りが届き始めました。 Mini …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若葉の愛宕山

5日、今年3回目の愛宕山へ 近所のM子、私と同年齢。健康のため週一回は大文字山を歩いているという。 「愛宕山へ行かないか」と誘うと喜んで同伴。 愛宕山へは独行だった私にも山友が出来てうれしい限りだ。 西大路四条から清滝行の京都バスに乗車。いつもは空席があるのに今日は団体客があり、満席だ。京都駅発の清滝行はどんどん本数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マンガファン

私もマンガを好きで、捨てられない本が書棚にあるわ。 リフォームの仲間のトモちゃんとマンガの話になった。 実は私、『王家の紋章』(細川知栄子)を読んで、初めての外国旅行が26年前 エジプトやった。ナイル川と王家の墓を見たくてね。 『SWAN』(有吉京子)を読んで、「森の詩」のマフカが、黒鳥が見たくて 大阪のフェス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩&庭の花

やはり 朝の冷気は命をくれる 桂川にも朝陽がやどり シロツメクサの目覚めが私を誘う ピヨピヨ ピヨピヨ 水鳥たちの朝のあいさつ 庭の花 ボケの花 ひときわ明るく色添えて 春蘭もそろそろかな 今年は消えたかな 長い葉をかき分け かき分け あった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

健康&庭の花

この頃、朝のジョギングを止めて夜の散歩 夕食後、一時間ほどご近所のチズさんと地域を散歩 今日はこの道を、明日はあの道と。 あれ!こんなところにマンションが建っているよ。 こんな店、あったっけ 森友の証人喚問、今度はアキエ夫人の国会招致やね。 あんなこと こんなこと喋りながら あっという間の一時間。 友人が忠告してく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リフォーム ポンチョ

リバーシブルのポンチョが出来ました。 二人の友と、我が家で着物リフォームを楽しんでいます。 クリーニング取り扱い店を廃業した場所にミシンとテーブルを置いて お喋りしながらのこの日は、私にとっても嬉しいひと時です。 その昔、中学生になって初めての裁縫は自分が着…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春でしょうか

私、スマホの仲間入り ぽかぽか陽気に誘われ、庭に出ると 白色クリスマスローズが花開いているじゃないですか チョコレート色はまだ蕾ですが
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「腰痛を元から断つ」

昨年11月の始め、鍼灸師の友から電話が入った。 「ガッテン」で腰痛は自分で治せるのをやっていた。それをやれば医者にも、鍼灸にも来なくていいよ。再放送があるから見ろよ! 3年前、腰の激痛で寝返りが出来ない、咳や深呼吸をすると腰に痛みが走る。立ち居、歩き、座りが思うようにできない。MRI検査で「脊柱管狭窄症」と診断される。医師は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初登り 愛宕山へ

2日は、初登りの日と決めて山歩きして何年になるだろうか 不調だった昨年だったが 今年は自分の体を、自分で調整して鍛えよう 愛宕山は 心身鍛錬の山 静寂の中で思索するにはもってこい 梨の木谷~首なし地蔵~神社~月の輪寺コースで 梨の木谷は谷川の流れが心を癒してくれる 大石でバナナを一本、小腹を満たす。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年 新しい年明けに

                 昨年暮れ                  心が 動いてきたのです。                  これは 新しい自分が生まれるのでは?                  可能性に挑戦 です。           1月1日 日の出との対面に桂川へ      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花一輪・・クズ

もう、終焉に近いクズの花をクズツルの編篭に挿す。 台風の頃になると母が語る 小学4年生の時、60mの室戸台風がきて、校舎が倒れた。 気が付いた時は、自分の上には、いっぱいの生徒が乗っていた。 壁際だったので、壁土がいっぱい鼻に入って息をするのがしんどかった。 なんとか這い出して、校庭に出ると、凄い風に飛ばさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

40枚の着物

夫を見送ったふうちゃんを慰労しようと9年ぶりに集まった。 私は着物でリフォームしたブラウスを着用していた。 H子がそれを見て うちに着物が40枚ほどあるのでいらないか・・・と 勿論「喜んで」と返事した私。 妹の車で銀閣寺の近くのお宅を訪問。 貰ってきたのがこの着物 大島出身の祖母が孫のために作ったたくさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花一輪・・ヘクソカズラ

別名 ヤイトカズラ、サオトメカズラともいうらしい。 果実は茶褐色で、リースに巻いて楽しめる 15、6年前かな 「野の花」を生けるサークルで 葛根が眠っている2月の寒い頃、 桂川堤防の斜面で、根っこを追いかけて採取。 篭やリースをつくるのに夢中になった。 足腰がまだ丈夫だったな。 その篭やリースを捨てら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18青春切符

マサオ夫婦が青春切符で日帰り旅をするという 一組5枚セットだが、3枚余るので・・と声がかかった。 家事から解放されたいとぐちっていたミサ子と一泊の旅を思いつく。 ミサ子の都合に合わせると、準備まで一週間しかない。 どこへ行くか。宿泊はどこで。 大慌てで温泉冊子などを探す そうだ 「天空の城」へ行こう 帰りに 夜…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花一輪 ワルナスビ

ブログを続けて9年 ブログで たくさんの方と出会い、語り合い 知らぬ世界に導かれ 人間の可能性、多様性にふれ わが身の狭さに意気消沈したり、発奮したり 楽しかった! 野の花、山の花の 輝きを撮影し、絵に描き 草花たちを育ててきた 体調が崩れ その意欲が失せて 土を劣化させて キクを枯らし、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ド根性皇帝ダリア

今朝、いつものように庭で食事していると 母が言った。 焼却炉の横に 置いてあった皇帝ダリアの幹に枝が出ていたよ。 えっ びっくりやわ ほんまや  去年、切り倒して乾燥するまで積んであった幹やんか さっそく 写真に収めた。 これが根っこだ! どうするかな・・・ 蚊が襲ってくる庭に出たくなくて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足と靴

加齢は次々と体に支障をきたす しかし、加齢だから仕方ない、と言ってられない。 二ヶ月前から右足のかかとに鈍痛があり 歩き始めがとても痛い 高脂血症で通院していた医師から靴が合っていないんだと言われ 半信半疑で放置していた。 すると最近、左足も痛みが起こり始めた。 医師の紹介した「足と靴のカウンセリング」を今日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しい!一輪挿しの花瓶

三年前になるかな 成人式以来の小学校の同窓会 趣味で陶芸をしているという人に 話の流れのなかで 一輪挿しを造って と希望していた。 今年の同窓会の打ち合わせで 持ってきてくれたのが ミニの一輪挿し二つ 希望したのは 野の花を生ける花瓶が欲しいと。 早速 庭の花、一輪を飾ってみた いいじゃあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフォーム 帽子&ロングワンピース

夏の帽子が欲しいね ロングワンピースをつくった布が余っている それで作ろう! K子も作りたいという 二人分の裁断をしたところで時間切れとなり その後、夜の時間に私は自分のを仕上げた。 接着芯が少し厚かったかな ゴムを入れ、自分の頭周りに合わせた。 ボタンをつけて完成! ちょっと前に作った二着のロングワンピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more