テーマ:絵手紙

日々を楽しく

私、吉沢久子さんのファン 100歳の吉沢さん 一人暮らし。 家庭菜園を楽しみ 日常のささやかなくらしを楽しんでいる吉沢さん 「身のまわりの小さな幸せを拾い集め、 うれしいと感じた瞬間の気持ちを忘れないようにと 書き残しています」と語る吉沢さん 今朝の日の出前の比叡山 その薄紫の寝姿に見惚れる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震その後&絵手紙

どこの瓦が落ちたのか、母屋の屋根に上った。誰が? 父母の足では上れないわ。私でしょ。 若い頃、木登りが好きだった母の子だねえ。 伸縮性のズボンを履き、運動靴の紐をしっかり締めて・・これでよし。 長い梯子をかけて、屋根伝いに道路側に向かった。 壁と屋根をつなぐところの瓦が二枚落ちて、壁土がむき出しになっている。 横の瓦を動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春でしょうか

私、スマホの仲間入り ぽかぽか陽気に誘われ、庭に出ると 白色クリスマスローズが花開いているじゃないですか チョコレート色はまだ蕾ですが
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵手紙と庭の花

熊本募金と平和署名で今日も駅頭に立つ 男子学生が私の前に立ち、リュックの底から財布を探す 僕も募金活動を梅田駅でしたのです。 一時間で2万円集まりました。 毎週金曜日にやる予定です。 その署名は何ですか? 安保法制(戦争法)の廃止を求める署名です。 3月29日に施行された法律の中身は 日本が憲法に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に色が戻ってきた! ある夜半 目が覚めて眠れなくなった。 一階のトイレに行ってもすぐ寝付いていたのに 不安なことを次から次へと思い浮かべる この二月 たくさんの知人とお別れした 先輩、同じ歳の友人、叔父、友人の夫らの姿が巡っては消える。 認知症の鉄道事故訴訟問題があってから、気持ちが沈んでいることもある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

匂い漂う

冷気が眠気を覚ます町へ歩き出す ふわあっと 漂う香りに包まれた どこのお家の 花だろうか 香りを探し 歩きまわる 2~3日後 庭にテーブル出してのモーニングも そろそろ 身をふるわす季節 母が見つけた 黄色い花の香 家にもあったのだ ずいぶん咲かなかったキンモクセイ 枝切が好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父のヒャクニチソウ

昔、花店をやっていた父は花が好きで 小学生の頃、よく学校に花を持って行かされたものだ。 今、母とスーパーへ行けば、一番に足を止めるのが花コーナー 気にいった花があれば、苗を買ってくる。 春、サルビアとヒャクニチソウの種を買ってきた。 このサルビアとヒャクニチソウの背丈が大きく伸びて 花の少ない庭に色を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一期一会

人との出会いは面白いもの 出会った人々に 暑中お見舞い申し上げます。 何十年ぶりかで開かれた小学校の同窓会 その一人、Kの紹介で出会った宇治のM子さん お母さんの着物がたくさんあるのでと聞いてお宅を訪問。 そして 私が持参したリフオームした衣服を着てもらったら寸法がぴったり。 デザインもよしと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また一人 お星さまに

携帯電話が鳴った。知らない番号だった。 Sの声によく似ていた。 父が生前のノートに「自分が逝ったら乙女さんに電話するように」と 書き記してあったので電話しました。 えっ 早いじゃないか 3月18日 メールを貰っていた。      予定通り、今日退院しました。足が弱っているなど、体力は落ちていますが   気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡い初恋

昨日、ある雑誌をパラパラとみていると「書評」欄にNさん、あなたの名前を見つけました。 あなたは4年前に逝去したとの記事でした。 Nさん  51年も前のことだし、二回しか話していない私のことは覚えていないことでしょう。 でも私にとってあなたとの出会いは、社会に目覚めるきっかけとなったのです。 押入れにしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスのなかで

ある日、バスのなかでうとうとしていた。 突然、少年の大きな声にハッとした 「うわあ もう4時が過ぎた どうしょう」 「どうしょう 困った!4時が過ぎた!」とパニクッている。 「すみません!携帯を貸してください」 少年が横に立ってスマホに熱中している青年に声をかけた。 青年は知らぬ顔でスマホに熱中し続け…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

母の菜園

  モーニングのあと   母は 毎朝    「面接にいってくるわ」と楽しそうに   小さな 小さな菜園に出かける   トマトにナス キュウリ アスパラ 万願寺トウガラシ   ずらっと 食卓に並ぶ   おっ きれいな紫色の玉ねぎ   今日の絵手紙は これにしよう   母は なんにでも挑戦する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カクテル賛歌&庭の花

絵手紙にして あの人に送ろう 今日、妹がやってきて  カクテルの枝を何本か切って持ち帰った このカクテルの株を運んできた妹だった。 友人のAさんとBさんが育てていたが 花が咲かなくなったから と 私ん家に持ってきたのだった。 挿し木して 挿し木して増やして 家の塀に這わせて いつも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙でお見舞い

この間、心身に障害を受けた近所の3人に絵手紙を メニエール病のM子さんに 大切な友、M子が ある日、めまいがひどくて 起き上がれなくなった 頭のCT、MIRを撮っても原因不明 以前に耳の手術をしており S病院で検査 メニエール という  ストレスがたまり 神経に支障が生じたのか  花が好きなM子…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2014年元旦

あけまして おめでとう ございます 京のお正月の空は くもりり空 毎年 新しい決意をする だけど 省りみたことはない  決意が崩れていても それでも こりずに 同じことを こうしたい  あれもしなくっちゃ と アバウトな人だ 新年の始めは けじめ日だろうか ちょっぴり 新しい自…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

能力について

自分の取り得について 考えたことって ある? 私は 親から 不器用な子 って言われて育った だから 自分は 何をしても出来ない子 て勘違いして委縮して生きてきた でも ある日 ある人から 人間は 自分の歴史をつくれるんだ と  言われた それから 自分探しの人生がはじまった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の酒

どうえ 今年の味は                                                         母がブラックベリー酒をグラスに注いだ                            きれいな 紅色にそまった お酒                      …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハーブ染めで 帯揚げを

真っ白な生地が 色に染まる。 計算出来ない色合いが面白い。 実物は写真より黄色はレモン色、モスグリーンなのだが・・・ 染料は レモンマリーゴールド(ハーブ)  きれいなレモン色に染まると 何かで読んでいた。 枝が伸びて始末に困るので、菊のように剪定しよう。 切った枝がたくさん出来る。これを染料にし…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

石と焼き芋・・母賛歌

ああ ぼけたわ! 口癖になった母  我が家の料理人は88歳の母 この一月から朝食に焼き芋が出るようになった。 便秘症状の母は、サツマイモを食べてから、気持ちよく便が出るようになったらしい 冬の間、石油ストーブの上で、アルミホイルに巻いて焼いていたが あたたかくなり、ストーブを片付けてし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ひき下がってはいけない

成年被後見人の選挙権を奪っているのは憲法違反! 知的障害の娘のためにと、父が成年後見制度を申請したばっかりに 娘の選挙権が奪われた。 「娘への人権侵害は三度目。  今度ばかりは引き下がれない。引き下がってはいけない」と父 それまでは選挙権を行使していた被後見人の娘、名児耶匠(なごやたくみ)さんは、 「選挙権を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フクジュウソウが咲いたよ

ぽかぽか陽気が 花を誘い 突風が 目のかゆみを増し 冷気が 伸ばした背を 丸くする 不順な日々 それでも 花たちは 花たちで奏でる 30万余人の避難者をおいたまま、3月11日が 過ぎて行く 走馬灯のように、1日、また1日が 過ぎて行く この2年間、私 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

恋する乙女

『心のくすり箱』の徳永進さん ホスピスケアのある19床の有床診療所のお医者さん 私は あなたに 野の花診療所に 私の心を つかまれてしまった     この患者さんに似合う病室の入り口の のれんはどれか     焙じ茶の匂いが漂う茶香炉を置こうか     CDラジカセから流れるナツメロが ピッタリじゃないか     …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

♪春ですよ♪

空気がゆるんで来ましたね 眠っていた土が動き始めましたよ 昨夜の雨露が 花を目覚めさせ ほのかな 香りが 漂ってくるようです こうなりゃ じっとしておれないわ わたしも 起きだして 化粧して お出かけしようかな
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

絵手紙一葉

                                          いじめる子                 いじめられる子                 みんな                 壊れる前に                 救えるのは             …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初秋の薔薇と絵手紙

春の薔薇たちには、生まれたばかりの潤いがあるけれど、 初秋の薔薇たちには、夏の日照りに耐えてきた強さがあります。 つる薔薇・ミミエデンが咲き始めた。 たわわに咲くまでにはいたっていないけれど 大輪ミニ・ダークサンレモン 四季咲きで、多花咲き、長く楽しませてくれている マダム・ヴィオレ 紫色が薄くな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暑いわ

夏の庭は、もういや! 水をやるのが精いっぱい メドーセージも、チエリーセージも大きくなって、うわーと咲いて 草も大きく茂って、気になってはいるんだけど ほっちち 長袖、首にタオルを巻いて、腰に蚊取り線香をぶらさげて水やりしていると 素肌が見える手や顔に、ズボンの上からお尻にも蚊が襲ってきて、たまらない。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

盛夏

「暑いですね」があいさつの昨今 今日は祇園祭。 35度以上が続く京都、昨日の宵山は40万人だったそう 疫病が流行っていた平安京でこれを鎮めるために始まったという 祇園祭から本格的な夏が始まる 近畿も梅雨明け宣言 政府が開いたエネルギー政策の聴取会で 原発賛成の人(中部電力職員…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

6月の絵手紙

今日は、絵手紙サークルの日です。 去年、南の国の花友さんから、送られたドクダミの八重花を題材にしました。 八重花って 珍しいでしょ  以前、旅行で宿泊したホテルのロビーのテーブルに、八重花が生けられているのを、不思議なものを見るように眺めていました。ドクダミといえば、一重だと思い込んでいました。 一重のド…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

乙女の絵手紙

あまり描けてない絵手紙 今日は 母の日 こころこめて 一葉を 3月の絵手紙 2月の絵手紙
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

絵手紙&水彩・習作7

8月生まれの私は 汗をかくことが 嫌いではない 腰に 蚊取り線香をぶら下げて 伸びてきたセージの刈りとり 草引きをする 上から 下まで びっしょり濡れて シャワーを浴びる そして 冷えた 桃がおいしかったこと キンミズヒキは 種がいっぱい出来るのです 荒れた地に 飛ん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more