テーマ:ハーブ

ヨモギ摘み

朝6時 リュック背負って河川敷へ        今日はヨモギ摘み                            殺菌、消毒液になるという            冬、皮膚の痒みを発症する私は          入浴剤としてヨモギを使用            春に積み、ドライにしておくのだ         帰りの北山に虹がうっすらと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズマリーでフェイシャルスチーム

20年ほど前、母が鬱症状で苦しんでいたとき   ハーブをいろいろ育てた。            回復してから、いくつかのハーブは消えていった。 プランターに植えたローズマリー、        木質になり、枯れかかっているのが気がかりだった。朝早く目覚めたのを機に挿し芽することにした。         残った葉を洗い、フェイスケア―をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルバーブをジャムに

もう4年前になるかなあ 山梨にある友のセカンドハウスに一泊したことがある。 その庭に植えてあったのがルバーブ 先日、そのルバーブが贈られてきた。 4年前もジャムにしたけれど 火の加減が強くて、少し筋が残ってしまったのを思い出した。 600gのルバーブに砂糖200g そしてレモン 中火…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ステビア&トマト 庭の花

その葉を噛めば、とても甘さが口にひろがる 砂糖の200~300倍の甘味料というハーブ ダイエットや糖尿病の治療食にいいというステビア 農作物を研究している同級生のYが教えてくれた ステビアの粉をトマトの土の中へ混ぜると甘ーいトマトが出来ると。 それを聞いた母が苗を買ってきて 育て トマトの根っこの土に入れた すると …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネムノキ(合歓木)  &  絵手紙

じっと眺めていたい! 薄紅色の花です。毎朝、新しい花がひらきます。 細い絹糸のような ふれれば折れてしまう 繊細な花びら、雄しべだそうです。 オジギソウの葉は 触れれば閉じますが ネムの葉は 夜 眠りにつくのです(右のように) 祖母が育てていたのを母が 大事に育て  コンテナ植えで大きな木になりました…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

サルビア・ガラニティカ & アジサイ

カッと開いた口、長い舌、 まるでメドーサの頭のようだ 写真にとって気がついた。黒い目があるんだ 根を這って、どんどん増えていく 黒い萼に濃青紫の花が 初夏から晩秋まで、庭を彩ってくれている。 学名:サルビア・ガラニティカ      Salvia guaranitica これまで、「メドウセージ」と呼んでい…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ハーブティをどうぞ

疲れたね。お茶にしよう! ジャーマンカモマイルがちょうど咲いたばかりだし ちょっと摘んでくるし、待っていてね 先日、我が家のガレージで、平和のためのガレージバザーをおこないました。 一人住まいの方が、老人ホームに入るので 「家を片づけたい。品物取りに来て」友人宅に連絡がありました。 そんなお宅、二軒ほどか…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

シュンラン&ローズマリー 

地味な花で、水墨画の画材によく使われています。 花を塩づけや梅酢づけにし、お茶にもできるそうな                        茎を 薄い羽衣のようなものがおおう                           ちょっと 面をあげてもらって                    …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

春迎 サクラソウ

本格的な冬は、これからというに 咲いてしまいました。                         こぼれ種が                       芽を出したプランター                    風通しがある 日陰で夏を越し                      ポット植え、本植えで       …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香りよし サンショウ&シソ

サンショウの実 はじけ 黒い種が 顔をだした サンショウもシソも 香りよく 赤紫蘇は、梅干し、ジュースに 青紫蘇は、薬味、お茶に 冬になると 皮膚がかゆくなる 私に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードのような アメジストセージ

この花は、いろいろな名前で呼ばれています。                     サルビア・レウカンサ                     メキシカン・ブッシュセージ                     メキシカンセージ                     アメジストセージ            …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

爽やかな ボッグセージ

妹からもらったスカイブルーのセージ。メドーセージが わが庭とばかりに根をひろげるのに押され滅亡寸前の昨秋。あわてて残った二本を大事に植え替え、無事に育ちました。 セージは                           ボッグセージ  07.6.12 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンテン

母が語るおばあちゃんの話・・・ナンテンとミミズ 夜半。下腹が激痛で何回もトイレへ どうも食当たりの様子 セイロガンを飲んでも治りません。                                    07.6.1 撮影 昔の人は               …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨモギ

今から冬の準備です。いつからか、冬の乾燥時になると、ウエストやお腹の周辺が痒くてかゆくてたまらなくなるのです。 虫にさされたわけでないのに つい、手が皮膚を掻いてしまう           あとに皮膚が黒ずんでおり これはなんとかしなくては・・と 思っているとき 高槻の温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウの実

そろそろ収穫のときです。 うつ症状が発生したとき、母のハーブ熱が高まりました。 ラベンダーを枕元においても                サンショウの実 不眠がおさまらない母は ある日、新聞で 「セント ジョンズ ワート」が  ラベンダーよりも効果があると知り 滋賀県のハーブ園まで訪ねました。 そのハーブは 「神経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフリー

うちでは、新葉を天ぷらに、葉を乾燥させてお茶に、浴湯に、肥料に利用しているが・・・ コンフリーは、大変栄養価があって          ムラサキ科 07.5.5 撮影 カルシューム、カリウム、リン              ビタミンA、C、B12など タンパク質がたくさん含まれている。 (「ハーブ図鑑110」) 繁殖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマドコロ

ユリ科、ナルコユリ属。 茎は上のほうが弓形にまがり、 葉の付け根に筒状の愛らしい花を1~2個つける。 私んちのは斑入りアマドコロで園芸種。 『山菜 薬草』によると、 「掘り下げた地下茎を水洗いし、 ひげ根を除き、日干ししたものを、 少しずつ食べ続けると、血色がよくなり、若返る」とある。 園芸種でも効果があるのだろうか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more