テーマ:山歩き

里山歩き

西山・・小塩山(642m)へ 今年初めてのハイキングです。 うん十年間続けてきた正月の山歩きにも行けなかったので 歩くことが心配でした。 12人がタクシーに分乗して善峯寺へ 杉谷の里を左へ行くとポンポン山 右に折れて東海道自然歩道を歩く 柔らかい春の山々 ああ 絵に描けたらなあ スミレに ムラサキと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓬莱山~小女郎ヶ池

私の術後ゆえか、企画者がゆっくりのコースを選んでくれた。 打見山頂の琵琶湖テラスが全面開店という宣伝があり、ロープウェイに列をなす。聞けば、なんと120人乗りで、琵琶湖を眼下にあっという間に1108mへ。 若いカップルが圧倒的。 しばらく来ない間に蓬莱山への登りに水仙の丘があり、ちょうど開花のとき。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比良山系・八雲湿原へ

この頃の山歩きは、愛宕山がもっぱらだった。 比良山系の山は6年ぶりかな。比良の花に合いたい思いが募り ご近所の友たちを誘った。 比良のリフトや登山口までのバスがなくなり、すっかり遠のいていた。 ところが、比良駅からイン谷口まで土日だけ、バスが運行されていることを最近知った。 コブシ、イワウチワ、イワカガミ、ショウジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若葉の愛宕山

5日、今年3回目の愛宕山へ 近所のM子、私と同年齢。健康のため週一回は大文字山を歩いているという。 「愛宕山へ行かないか」と誘うと喜んで同伴。 愛宕山へは独行だった私にも山友が出来てうれしい限りだ。 西大路四条から清滝行の京都バスに乗車。いつもは空席があるのに今日は団体客があり、満席だ。京都駅発の清滝行はどんどん本数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初登り 愛宕山へ

2日は、初登りの日と決めて山歩きして何年になるだろうか 不調だった昨年だったが 今年は自分の体を、自分で調整して鍛えよう 愛宕山は 心身鍛錬の山 静寂の中で思索するにはもってこい 梨の木谷~首なし地蔵~神社~月の輪寺コースで 梨の木谷は谷川の流れが心を癒してくれる 大石でバナナを一本、小腹を満たす。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 挑戦の年となりますように

正月の二日、二年ぶりの愛宕山です。 両ひざが完治せず、少しの不安を感じながら しくしく泣いている身体と語り、諭しつつ 湧きつつある少しのエネルギーを信じて準備するが 朝、目覚めたときの身体にかけてみる おっ 行けそうだ 熱い湯とおにぎりと母の煮しめを持ってバスで清滝へ 月の輪寺コースで行こう 堂承川を右に見て歩く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

笠置山の紅葉

京都の街は嵐山、醍醐、東山といたるところ 観光客でいっぱい 京都の南の端、笠置山は 昨年、初夏に訪れ、紅葉に来たいねと話し合っていた。 雨間の隙間をぬってやってきた。 京都から木津へ 木津から加茂へ 加茂から笠置へと乗り換え 息をのむような紅葉だ 歩く道は 赤い絨毯 仰げば グラデー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲山・荒地山

8月から右膝を痛め、どこにも行けず、もんもんとしていた。 痛みを我慢して、毎日ウォーク、マッサージを重ねるも回復の兆しなし。 お茶けいこの正座が出来ない。 そこへ近所のハイキング同好会から声がかかった。 六高山の荒地山、549mという。 芦屋川から岩場をめぐり、以前に何回か行ったロックガーデンに下りるコース…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初歩き 愛宕山

2日は、初歩き その昔は、比良の武奈ヶ岳へ。今は愛宕山になっている。 昨年の初歩き以来、愛宕へは一年ぶりだ。 こんなことも珍しい。 寄る年波ってことか バス路線も変わり、阪急嵐山駅へ寄り道をした。 いつもぎゅうぎゅう詰めなのに 座席もゆったり バスを下りても 雪はない 木々に その面影もない…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大失敗!

4月29日 好天気に恵まれ、5人で笠置山(288m)へ  京都駅から奈良線の木津で乗り換え 一駅の加茂でまた乗り換え、笠置駅で下車 駅のホームで 今日はスキ焼だからね。 たっぷり牛肉を持ってきたからね と 話しながら ハッ! うわあー ガスボンベ、買って用意していたのに忘れて来た! えっ! みんなの疑…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

みずがき山と山ガール

11月5日 奥秩父の みずがき山に登った 友人のHが所有する まだらやま山荘は須玉の森のなかにあった。 車で紅葉のきれいな増冨温泉郷を抜け、登山口のみずがき山荘前(1515m)は Am8時前なのに駐車場には車がいっぱいだった。 落ち葉を踏みしめ、おだやかな樹林帯を30分ほどで、カラマツが輝く尾根に出た。 少…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

比良の石楠花当たり年!

明日(2日)はお天気のようえ。どこか行こうか 山の乙女から 夜8時頃の電話 現役時代は よく二人で近郊の山を歩いた あかんたれの私を  引っ張るように 山へ誘う 予定していた「赤坂山」へは JR京都駅のホームを間違い 間にあわず 急きょ 北小松からワンゲル道へ変更 二人の間では よくあることだ。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

山好きのあなたに お勧めの一冊

『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』を読み終えた。 副題に「低体温症と事故の教訓」とある。 羽田修、飯田肇、金田正樹、山本正嘉の共著である。 2009年7月 トムラウシ山をめざしたが、ガイド3人と15人のツアー客のうち、10人が命を落とした。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

女4人で愛宕神社へ

ここ数年の初登りは愛宕山(924m)です。 青年時代、除夜の鐘を聞いてから、 友人らとわいわい言いながら登った山です。 40代には、富蔵先生(教育者)の案内で武奈岳へ   その頃、一緒に登った何人かは、すでに他界。   先生の歩き方は、ゆっくり ゆっくり    私の山歩きが長く続いているのは、先生のおかげ   …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

晩秋の権現山~蓬莱へ

 おー寒! 15mの風、2度c 11月15日 湖西線ホームに集合。 今回は堅田から江若バスで平まで。 平で歩き始めると時雨れてきたので雨具着用。 二人の女性と連れになる。10人のパーテイ。 2年前に荒れていた登り口が整備されている。 アラキ、権現山(996m)と登って行く。 風が強く 身体が飛ばされそうにな…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ラッキーな 愛宕山歩き

行楽日和の報に誘われて、愛宕山へ散歩に                           日暮らしの滝                             梨の木谷は道が出来ていますよ 清滝行きの京都バスは満員! 隣席の女性に「梨の木谷は通れますか」と聞くと 「首なし地蔵まで道が出来ていますよ。 水流で伐…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

烏ヶ岳からの遭難

21日、阪急嵐山駅前に8人が集まった。 松尾山(276.1m)、岩田山、嵐山(328m)と柔らかい腐葉土のような山道を気持ちよく歩く。 烏ヶ岳(398m)に到着。烏ヶ岳から尾根歩きでトロッコ駅まで歩く計画。 地図に描かれていない道らしい。                   (…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

思い出の一枚  夏山

やっぱり 山と山の花ですね                      チシマギキョウ 白馬岳~雪倉岳~朝日岳への山歩き 7月26日~29日の4日間。いつもの仲間と夏山へ 事前の足慣らしができないまま10日間、30分のジョギングで当日を迎えた。 思い切って20㍑のリュックに着替えも最小限に詰め込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山でお月見

十五夜は22日だけど、「富士山でお月見どう」と声がかかった。 ええなあ 日本一の山でお月見なんて 洒落てる! 18日、私より年配のお二人の女性と3人で出かけた 私は24年ぶり。K子は50年ぶり。 誘ったH子は、何回も登っている。外国の山をめざして、高度に慣れるためらしい。 砂走口(すばしりぐち)からのコース…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポンポン山へ 678.9m

阪急東向日から6人がタクシーに分乗して善峯さんへ                           愛宕山がくっきり見えた 年頭のポンポンの会の総会です 一泊の予定 いつものアスファルトの道とちがい 駐車場の南側の山道に入る 初めてのコースだ はじめてみんなで登った山にちなみ サークル名は「ポンポン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大雪の紅葉をあなたに

うわあー まるで写真のようだ!                  高原沼めぐり(2日目)より 9/18夜~23 欠員が出たので北海道の大雪へ行きませんかとの誘いに 二つ返事でOK。 日程の調整を済ませ、いざ 北の国の沼めぐりへ 19日00:30 フェリーはまなすで舞鶴港出航 小樽へ              19日夕…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

山の遭難に思う

トムラウシ山 登ってみたい山です 10人の犠牲者が出た 中高年の登山者の増加とともに 遭難者が増える 中高年が夏山で体力・病気などの原因で遭難するのが25%だという 今回は低体温症で亡くなっている 山を歩く私にとっても 人ごとではない 行きたいけれど 一人では中々行けない山に、ガイドが同伴で連れてくれるなら …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

八ヶ岳・横岳への花

火山群の 岩礫に咲く いとおしき 二日目は花の横岳へ 青紫と水色のオヤマノエンドウ 初対面のチョウノスケソウ(長之助草 バラ科)にわくわく ・・発見者の名前が須川長之助 葉は小判に似る …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

八ヶ岳 自然と森の学校で 高山植物を愉しむ

2回目の学校参加です 友人の車で原村のペンションで前泊 夜半に降っていた雨が止み、4日、5日は梅雨の中休みとなった コースは 夏沢鉱泉→オーレン小屋→硫黄岳→硫黄岳山荘泊→横岳→硫黄岳→赤岩の頭→夏沢鉱泉 去年は6月 咲いたばかりの ツクモグサにお目にかかれた 7月の今年は、白鳥先生曰く 花が二週間遅れていると…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

群生イワウチワ 比良

私には 少し しんどい山だけど 花に逢いたくて出かけました。  19日 イン谷口→青ガレ→金糞峠→堂満岳(1057m)→イン谷口 4月の比良はいつもなら雪があり、この季節にはあまり登ったことがありません 春の比良は 初めてでした コブシが ツツジが 山桜が 新芽の木々が 山を彩っていました …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

幸せの花 フクジュソウの山

きらきら黄金の色が 山を染めていた 誘われて7日の朝7時、鈴鹿山脈の藤原岳に向かった 雪解けに咲く花でなかなかお目にかかれなかった フクジュソウ 西藤原駅近くの駐車場に車を停め、聖宝寺コースを登る いきなり階段、急登が続く 二合目、三合目、四合目 そして八合目で大貝戸からの合流を過ぎた頃 前の女性パーテイから…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

北山歩き&絵手紙

アイゼン買ったので どこか連れてってとの誘いがあり、 北山の桟敷ヶ岳(895.9m)に向かった 京都には、北山、東山、西山とあるが、日帰りで行けるのがいい 先日、歩いたポンポン山は西山にあたる 桟敷ヶ岳は鴨川の源流ともいわれている 雲ヶ畑を超え、志明院の近くで車を停めた 歩きはじめて間もなく薬師峠。 六地蔵があ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ポンポン山へ・・出会った花

縄がぶら下がる不思議な光景を見ました 今日の山歩きは、大阪府と京都府の境界にあるポンポン山(678.9m)です。 JR高槻駅からバスに乗り、神峰山寺(かぶさんじ)から東海道自然歩道を歩くコースです。 このぶらさげ縄は、勧請掛(かんじょうがけ)というそうな 勧請掛とは 縄に樒(しきみ)を結びつけたもので、聖地との…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

はまってしまいそう! スノーシュハイク

上高地の赤い化粧ヤナギが白い雪に映えて 横浜の友人の誘いで、上高地へ アルペンホルンのスノーシューツアーに参加 (2.10-11) さわんど温泉の「ペンション しるふれい」で前泊    雪景色が眺められる天然温泉は露天風呂のようで、料理が抜群のおいしさ    リースにしたドライ花が壁のあちらこちらに    踊り…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

能勢・妙見山へ

川西能勢口で乗り換え、能勢電鉄で妙見口へ その能勢電100周年とか。吊宣伝がギャラリーになっていた 穏やかな枯葉道を行く。寒気が心地よい。 上杉尾根のコースをいくと冬枯れの木立から、能勢の町が一望。30年前に能勢に移住してきたという男性が休憩のポイントを教えてくれた。 六甲の見える山波を見ながら、昼食…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more