テーマ:

18青春切符

マサオ夫婦が青春切符で日帰り旅をするという 一組5枚セットだが、3枚余るので・・と声がかかった。 家事から解放されたいとぐちっていたミサ子と一泊の旅を思いつく。 ミサ子の都合に合わせると、準備まで一週間しかない。 どこへ行くか。宿泊はどこで。 大慌てで温泉冊子などを探す そうだ 「天空の城」へ行こう 帰りに 夜…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪解け スイスの花

昨夜の薬が残っているのか、今朝も体がだるい。 でも週一回の早朝ラジオ体操に出かけてきたおかげか、体調がスッキリしてきた。 そうなると せっかく遠い地で巡り合った花たちを紹介したくなる(ゲンキンだね) ピントずれの花が多いけれど・・・ フィルスト~山上の湖バッハアルプゼー~グロースシャイデックでの花(6月28日) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

吸血鬼・南京虫被害顛末記

7月2日 シュワルツゼーからリッフェルベルグまでロープウェー、登山電車を乗り継ぎながら5時間のハイキング 空は曇り、少々の雨。マッタホルンも顔見せず、しかし足元の花々は、今眠りから覚めたように生き生き 今夜の宿は、窓からマッタホルンが眺められるツェルマット。 順番に入浴し、最後に私が床についたのは11時 消灯。 激し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スイスは花真っ盛り!

6月27日から9日間、「花・スイス・アルプス・ハイキング」のツアーに参加。 友人たちに海外は去年で終わり、と宣言していた。 体力の不安もあったが「花・・・」に魅かれて、決断した。 事前にきんちゃん夫婦宅で5人の顔合わせ前夜祭。 私とキヌタンとヨウコさんとは初顔合わせ キヌタンは料理のプロで、きんちゃ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

夜来香(イエライシャン)に逢ってきたよ

韮崎の旅へ向かい、乗車した「しなの5号」 隣席の女性から声がかかり、弾む会話。それは薔薇。 自宅でもオープンガーデンをしており、バラ園に苗を卸しているという彼女に 来年の5月には必ず伺うと約束。 毎年、岐阜の大野バラ祭りの案内を送ってくれた あれから3年。 今年の案内には、旦那さん(青木宏達氏)が作出…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北の友を訪ね

南三陸鉄道が全開通、行こうよ。 K子のお誘いの声に、バタバタと所用を片付けた。 釜石の友Y子を訪ね、女三人(K・M・私)旅。 私は、京都から仙台へ夜行バスで往復切符を購入。帰りに仙台の友にも逢おう。 仙台→盛まで長距離バス→三陸鉄道に乗車→吉浜で下車 列車の中では、お茶のサービスがあり、感激。「あまちゃん」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ⑦

旅の報告はこの辺で終えよう 旅の目的だった、砂漠の花の行程は終えた。 クジラは嵐のために船出は中止 サンボナ野生保護区をジープで走ったが、動物を自分のデジカメでは撮れないだろうと持参しなかった。 ホワイトライオン、チーター、シマウマ、スプリングボック、オリックスは双眼鏡で見ただけ。    (帰国後、てっちゃんが動物の写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ⑥

感激!サプライズ  連泊のエルコエル泊。今宵24日は「アニイ」のバースディー 合唱♪が終わり、アニイがろうそくの火を打ち消す・・・と 20日に誕生日を迎えた乙女ちゃん もうすぐ誕生日の博さんと呼ばれた ウワアー 私まで(うるうる) 感激の乙女はろうそくの火を吹き消すのに三回も呼吸。博さんは一気に吹き消した そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ⑤

013-8-24 ナマクワランド ギンギンギラギラ 花の風景 ケープタウンからスプリングボックまで550km。そこから南下、北西に入ったところがナマクワ国立公園だ。 これまで高山に咲く「そそとした花」が好みだった。私が南アフリカの花園に興味を持ったのは、私の中に何かを求める欲求が湧いてきたからだ。それが何か不明のまま、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ④

カモミールの香りが大地にゆれて 秘密の花園にワインを     ケープタウンから北へ     スプリングボックに向かう途中     てっちゃん(写真家・野村哲也氏)が     喋り続ける     ニューウッズビル近郊にある     知人の花園は広大な私有地で     誰でもが入れない秘密の花園だ     持ち主のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ③

013-8-23 多肉植物って かっわいい!      多肉植物って 正直、興味なかった        ところが 苗をみたり、大地に咲く花をみていると    だんだん 興味が湧いて    関心の変化 度合いに 自分で驚いている    ブロ友のsuzukoさんが    多肉ちゃんたちを かわいがっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ②

013-8-22 ルイボスティー試飲 早々とおみやげ 5時半起床。夜半の雨風が窓ガラスをたたく。 その音をうつらうつらと聞いていたが、日本の熱帯夜よりぐっすり眠ることが出来た。 ホテルの部屋はイギリス式で310号だが、2階にある。階段のドアにも鍵が必要で厳重。 ステレンボッシュから 南アの西部に一本の道路を北上し、ビ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花 サファリ ワイン ①

013-8-20 出鼻に事故る 自宅~関空へスーツケースと共に運んでくれるジャンボタクシーをいつも利用。3500円だが、往復だと200円のサービスがある。 母が見送ってくれる。ところが自宅を出たとたんに、真っ白な乗用車と接触事故。交番の巡査も来て大騒動。母が窓に顔を見せ「始めから縁起が悪いな」と心配顔。私も航空の集合時間に間にあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

南アフリカ 花の旅

人 山を愛し 山 人を創る 好きなことば そして 今 人 旅を愛し 旅 人を創る 「世界の四大花園を行く」・・砂漠が生み出す奇跡 一冊の本に誘われるように 13日間の旅に出た 白い花はシルクのように輝き オレンジの花は心を燃やした 南アフリカの花園で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18切符で 讃岐うどん食べに

       電車の旅をしたいな              ず~と おしゃべりしたいな              四国へ讃岐うどん食べに行こうか              行こう 行こう              京都から香川まで 往復10時間              切符は5人分が一組で 2人は別日で行…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カラマツの黄葉 上高地

中の湯へ向かう山々は 赤、黄 緑と全山が紅葉 走行中の車窓から  紅葉と雪景色が見たい 地域のグループで 一年前から 積立て 上高地へ二台の車で 中の湯で目覚めた朝 初冠雪の山々に感嘆の声! 焼岳も 真白 朝8:00 河童橋の周辺は観光客も少なく 静か 橋の袂の喫茶店で熱いコーヒーで体を温める …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more