テーマ:桂川の野草

「この子はだあれ」わかったよ

図書館で野の花のページを繰っていました よく似た花がありました。 その名は    オミナエシ科ノジシャ 自宅で再度調べると ありました。 ヨーロッパではサラダ用に栽培されていたそうな 茎は対生し、ふたまたに数回分岐し、薄紫の小花 そうです。そうです。この花です。 江戸時代には長崎で栽培されていたものが野生化した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この子はだあれ

毎朝、愛宕山に語る 東山の日の出に反射して輝く あなたにいつ会いに行けるだろうか 毎年初登りしていたのに 今年は正月にも行けなかった。 足を鍛えるために この頃 散歩から始めた カラスムギの林からの愛宕も面白いね。 堤防で見つけたこの花 なんて名前だろうか ここ 一週間 悩んでいる 花は薄青色 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球が泣いている

とめどもなく涙がこぼれる 北の国の大地が悲鳴をあげた 厚真町の山肌はふもとまで土砂がむきだし、異様な姿を見せる 山が泣いている 海が怒っている 川が反乱する 台風21号の被害が町中にあふれて 波板が飛んできた 窓ガラスが割れた 瓦が飛んできて車に傷がついた 18時間停電が続く 昔、大工だった人の道具を借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわやかな朝ですね

本日の日本列島、湿気少なく好天気との予報があり、朝5時発で堤防散歩。 さわやかな風、秋だね。 日の出も少しづつ 遅くなり、 5時過ぎに東山の山際が赤くなり、白雲が輝いてきた。 桂川にシラサギ、天神川にアオサギも夜明けを迎える。 年に二回ほど堤防の草たちが刈られる。 春に咲き誇っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルガオ一輪

38度を超える猛暑が続く 週三回はウォーキングをと決めて今朝も5時半から歩き始める。 日曜日でか、青年たちのジョギングが目立つ。 桂川の濁流は少しおさまってきたが 堤防の斜面の草たちが刈り取られ、すっきりとした姿を見せている。 それでも 刈り取り車が入れないところでは イタドリ、ワルナスビ、ムラサキツメクサの花が朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野の花 輝いて

久しぶりに桂川の堤防を散策しました。 白内障が発症してから、周辺が霧の張ったようで、散歩していても以前ほど野の花に関心がいかなくなっていました。朝露に輝く野の花や、夜明け前の空を見ては感動していた心が失せてしまったんだ、と気落ちしていたのです。 それが それが 戻ってきたようです。 野の花のすべてに名前があると教えてもらっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堤防の花

        桂川の堤防を歩くたびに母の戦後を思う   食べるものもなく、荒れ地の河川敷を耕し、   豆を作って、豆腐屋さんに買ってもらったんやで       細い川に稲穂を蒔いて稲を植えたなあ   そうそう 川で草刈りをしてると   アオダイショウに追いかけられてなあ   よう あんな川でコメが採れたもんや …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝焼けの空に誘われ

寝苦しくて目が覚めた。 北の窓も 南の障子もオレンジ色に燃えている 時計を見ると 5時25分 久しぶりに 朝焼けの桂川に逢えるかも 顔も洗わず デジカメつかんで 堤防へ 正月以来の河川敷 あっというまに オレンジ色の赤みが薄くなっていく お月さまに焦点合わせ ズームするも きれいなオレンジ色が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初夏 桂川の草花

ああ 久しぶりだなあ 朝の精気 桂川への朝の散歩 二か月ぶり カッパさんのコメントに誘われて アザミに会いにきた 自然の移ろいに 心よせることもなく せわしく暮らしていたっけ コバンソウ ざくざく色づき             アザミも終り近く              夢二を想う コマツヨイグサ …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

春の風と野の花

                                                    愛宕山を 北に見て                           顔をあげて 受ける風は                           もう 冬の名残りだ                        …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桂川・野に遊ぶ

逆光で面白い姿になりました この画像は?  ヒント:わたしゃあんたの側がいい 春がすみか 黄砂か お陽さま かげろうのよう 川面の光も淡く 柳の新芽が色づいてました 昔 登校の道端いっぱい咲いていたオオイヌノフグリ ふれれば落花するはかなさにひかれる カラスノエンドウ 濃紫赤色…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

10月の朝 桂川

                                                            一瞬の 朝の恵み                             紅く燃える 川面に                                 夢を託す          …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

雨の散策

雨の中、ススキを求め、川原を歩いたが・・・ 野の花には 名前の由来が不明な花があり キツネノマゴも そのひとつ 他の方のブログで きれいな写真を拝見して 撮ってみたが やはり 私のデジカメと腕では 思うようにはいかなかった アレチヌスビトハギ  ヌスビトハギより花が大きく 三枚の葉が小さい とある …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

9月の川原 朝露に濡れ

野に歩けば 足を濡らす 季節 水に飢えていた草たちが 緑の衣に 蘇る 陽を浴びて 輝く 朝露の 奥に 知らない世界が ひろがる 9月の 新しい朝風が 光が 疲れた頭と 体を癒す 虫たちも 野に生きて ひとときの夢に 浸る如し …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

桂川の夜明け&皇帝ダリア

私宅から 東の空が真っ赤に見えたので急いだ。 ブログで「一級河川 桂川 群馬」という看板を 見て 久しぶりに わが桂川の堤防へ散歩 5:30 陽が昇り 川面が輝いてきた ヒルガオが咲き乱れ、ヘクソカズラが開きはじめていた 川辺に カラスウリの閉じかけを 発…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夜咲く花 キカラスウリ

花を見たくて 4日間 早起きして 去年、日の出後に咲いていたのです。その場所へ いそいそと 朝  6時   しぼんでいた    5時   しぼんでいた    4時45分 しぼんでいた    4時15分 しぼんでいた 充分に日の出前よ 咲いていてよ あなたね 夜間に咲いて 日の出前にしぼんでしまうなら 夜 見にい…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

ダキバハナガサに確定!

7月4日にUPして、不安定の名前だった花は、ダキバハナガサでした。 桂川の堤防を歩きはじめた10年ほど前に、茎が四角で、薄紫の花を咲かせる野の花を見つけた。 名前を知りたくて、手持ちの本をみるが、わからなかった。 ブログを始めて、検索するうちに よく似た花に出会った アレチハナガサ、ヤナギハナガサ、ダキバハナガサの三種類だっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

7月の川原 涼風の朝

夜半の激しい雨のあと 濡れる川原を 涼風が 頬に触れる あちら こちらに 薄ピンクのヒルガオ 朝の あいさつ ダキバハナガサ    ほんとは よくわからないのです。    去年は、「アレチハナガサ」と紹介しましたが    葉の付き具合をよくよく見ると    どうも 「ダキバ・・」らしい    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月 雨露に濡れ

長靴履いて、川原を散歩。 あれ! これ、ニラの香りやわ 調べると、ノビルの花だった。 薄紫がかった白い花が、ムカゴから飛び出したように咲いていた。 普通、3つも4つも花をつけるのは珍しいとのこと 大昔からおいしい食材であり、薬草でもあったらしい ユリ科ネギ属で、ニラの香りに似ていて 当然ね あっ これはセリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

母の泣き声

83才の母が、自転車で買い物帰りに、交通事故に遭遇。   三差路で、左右を確かめない、母の不注意だった。   タクシーの運転手や、近所の方に助けられ   「大丈夫です」と言って、自転車を押しながら   帰ってきた。   気丈にも、そのまま歩いて、近所の診療所へ向かった   骨は真白で、骨折はない。   ところが、そ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

堤防から公園へ

黄色のカーテンの奥に見えるのは?                         カラスムギ                         カラスノエンドウ 桜、散る散る。 朝早く散歩する人も少なく、今朝まで続いた雨で、木下も真白 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヒメオドリコソウの花園

堤防の散歩は、いつも一時間かけてしまう                            暮れから 見つけてあった                        …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イシミカワ

果実が面白い!  緑白→赤紫→青藍色へと変わり、 神楽の鈴のようだ。 水辺を歩いた 青色の花のように見え ツユクサかなと 思っていた つるが衣服にからみ おやっと よくみると 三ミリくらいの青い球が、鈴なりになっている 花を探したが見つからない                               …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カナムグラ

知らなかった・・この花が薬草ですってぇ ホップのような花で赤紫色が雌花、 小花が雄花。 株が違うので、別々の花と思っていました。 茎を触ると、棘がいっぱいで固い茎 カナムグラ/クワ科カラハナソウ属 茎、葉、果実ともに健胃、利尿、解熱に効く 薬用草ですって 秋の野の散歩は、とても時間がかかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侵略的外来生物・・アレチウリ

その長いつるは、繁殖の強いクズにからみ、覆いかぶさっていた。 最近、クズの花が見られなくなった一角が、堤防にあった。 葉が、クズの葉に似ており、気がつかなかったのだ。 今回、初めて知ったが、ウリ科のアレチウリ という 雌雄同株で、果実は、機雷のようで、棘がいっぱいだ 北アメリカが原産地で、日本では、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の川原

異常気象で緑の葉が消えた花、これからが本番!と開き始める花、野花も秋の饗宴。 キク科/オオオナモミ ・・・ヒメアサガオと共生 コセンダングサ/キク科・・・名前探すのに2時間かかりました。                  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮮やかな朱色 マルバルコウソウ

ありましたよ!堤防の道端に。うれしくて 一輪差しで飾りました。 ススキと白のヒメアサガオを手に持って       堤防の散歩から帰ろうとしたとき よく見かける女性が 向こうに 瑠璃色の朝顔に よく似た花がありますよ と、案内してくれました。 ありました! ありました! 9月上旬頃、他のブログの方が 道端…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハギ 秋の七草 

春の七草は、食する七草。秋は、観賞用の草花。草花となっているが、萩は茎の基部は木化して、上部が草状になる。     我妹子に、恋ひつつあらずは、秋萩の、咲きて散りぬる花にあらましを (万葉集) 公園の萩です いま堤防にいっぱいの             ヌスビトハギ 花は愛らしく、 垂れる枝は、微風にもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more