おもしろきこと

新年になって、あらためて気づいたことがある。 自分は毎年新年のはじめに、それらしい抱負を日記に書いていた。 ノートを開いてびっくりしたのは この一年、元旦以外に、何も記していないのだ 挑戦する気概 感動する感性 これらを自分の能力だと自覚していたのに 昨年はそれらが失せていたことに今、気づいた。 色に…
コメント:2

続きを読むread more

2018 おめでとうございます

ここ数年、元旦は稲荷詣りです。 毎月の1日は妹が母に付き添ってのお詣りだけど 元旦は、私が連れ添ってのお詣り。 いつもより一時間遅れたためか 稲荷駅から参拝客の列が凄いのです。 母と腕を組みながら列に並ぶ 稲荷にはそれぞれの願いに沿った社があり、 母は、ひ孫たちの勉学を祈り 足の健康を祈り 娘や孫たちの婦人疾患のな…
コメント:4

続きを読むread more

1917年の終わりに

愛宕山に向かいて 薄暗い堤防をゆっくり走る 今朝の冷気は肌にほどよい 一年を振り返り 来る年への夢を描く あっという間の70余年 歴史をつくる一人の人間として 歯車の一輪になれているのだろうか 自問自答しながら走る その時々を 過ごしてきた日々 時間は生きている証だ 一日一日を確かめつつ 明日へつな…
コメント:4

続きを読むread more

そうなんだ

せっちゃんとの会話 (私)M子さんが障害のある子どもさんのことで、鬱症状になって何にもする気が起こらなくて、うちに引っ込んでしまっているのよ。 (せっちゃん)わかる わかる。私もそうだった。 そんなときは誰とも話したくないのや。私も一人では歩けなくなってしまった時に、娘は遠いし、誰か一緒に歩こうと声をかけてくれる友だちがい…
コメント:0

続きを読むread more

初めての露地傘

お茶事にお相伴して 先生のお勧めでお茶事にお相伴です。大津へ出かけました。 10月28日、台風22号接近のときでしたが、京都や大津は21号台風の風の被害がひどかったようです。 そこの庵は、庭が広く、玄関入れば、手作りの布の衝立がすばらしくつい見惚れてしまいました。寄付で足袋を履き替え、荷物を風呂敷に包んで乱れ箱…
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリアが・・・

台風21号の風、怖かった!  二階で眠る私は、強風のため、ほとんど眠れず、携帯に入った災害メールが重なり、ここ三週間ほど風邪の咳喘息で苦しんでいたのに、この夜の不眠でまたぶり返してしまった。  朝、窓を開けてびっくり!5本の皇帝ダリアが全部折れてしまっているじゃあないですか。蕾がついているのもあり、もうすぐ花開く時なのに、仕…
コメント:0

続きを読むread more

二人でボケたらいいがな

父と母の会話 ガーデンの朝食も涼しくなった。 話題になったのは 昨日、届いた「敬老乗車証」の申請書をどこに置いたかわからず、母が夕べ電話してきた。「大事なものなのに、あんた知らんか」と。  94歳の父と93歳の母にとっては京都市の「敬老乗車証」は必需品。母は京都駅近くの耳鼻科に通い、東寺近くの眼科に通う。何よりも…
コメント:0

続きを読むread more

花と戯れ

我が家に初お目見得 オキナワスズメウリ ウリボウのようにかわいい実がなりました。 羽根つきの羽根のような花にウリボウがついてます・ 春に二苗をいただき、薔薇の横に植えたのが どんどん伸びて、カクテルの支柱をぶんどってひろがっています。 秋の終わりころには赤いドレスに衣装替えします。 雌雄同株とか どれが雌でどれ…
コメント:0

続きを読むread more

涼しくなりましたね

朝夕の涼しさが私をやさしくしてくれる 水やりだけで終わっていた花たちに ちょっと サポート 鉢植えの薔薇の枝を整え、追肥 ナデシコやゲラニュームの枯れ枝の処理 キンミズヒキやヤブミョウガの処理 あれ! 鉢植えのノーゼンカズラが咲いている 春に咲いたあと強剪定していたのが、葉を茂らせ 二度咲きだわ そういえば…
コメント:2

続きを読むread more

母の初恋物語

今朝は涼しい風が快い。朝食後、父が席をはすしたあと、母が語る。 母M子、彼はN男。向かいに住み、同じ年齢。 いつも一緒に小学校へ通っていた。 M子は9人弟妹たちの長女で、家計を助けるために小学校を卒業後すぐ就職。 N男は男友達に語っていたらしい。 「M子はおれの嫁さんにするんや」と。 裕福なN男の母はM子の家庭事情か…
コメント:0

続きを読むread more

父の認知症状

妹が私に説得する。 母から父の変化を聞いたらしい。 「早く処置をすれば、認知症状は回復するらしいから お姉ちゃん、一回包括支援センターに相談に行けば。」 好きな民謡やカラオケも止め、一日中、テレビを見て、うつら うつら 今日が、何日か 何回も聞く 風呂の水を出しっぱなし。 花に水をやり、水道の栓を閉め忘れ、庭が…
コメント:2

続きを読むread more

母 パンをつくる

母が朝から台所でごそごそと何か準備している。 「何するの?」   「パンを焼こうと思って。レーズンもあるし」 「焼き方、覚えているの?」   「焼き方、冷蔵庫に張ってある」と言って せっせと粉や、イースト菌、バターを用意している。 通販で買ったパンが焼けるフライパンで母はこれまでも何度か作っていた。 しかし、ふわっとは…
コメント:2

続きを読むread more

人間賛歌

2017年7月7日   核兵器禁止条約が国連で採択された。   この全文を読んだ。   涙があふれた。   人類の英知は素晴らしい   人間らしい誇りと思いやりが   満ち溢れている。   苦しみを飲み込み   生の限りにへこたれない精神を   私たちに示したヒバクシャの人たち   それを   しっかり…

続きを読むread more

草木染め

今日は朝6時から染物の準備 茂ってきた三つのプランターに植えたレモンマリーゴールドとちょっと早めだけど4つのプランターに植えたタデアイを刈り取った。 去年、少しの布に、レモンマリーゴールドとタデアイでたまたま染めた草色が気にいっていた。室町で働いていたという近所のM子さんが白布をほぼ一反くださったのがあり、それを染めてみよう…
コメント:3

続きを読むread more

あなたの喜びは?

昨日、素敵な食事会にお呼ばれした。                      桂川の夕焼け 英会話の先生Kを送るパーティで、Kの教え子たちが集まった。 外国人に日本語を教えているM子さん ギター演奏者のMさん夫婦 沖縄の辺野古で、各地で平和と弱者のために演奏するK夫婦 英語のアクセントが素敵な韓国人のS子さん 多彩…
コメント:0

続きを読むread more

比良山系・八雲湿原へ

この頃の山歩きは、愛宕山がもっぱらだった。 比良山系の山は6年ぶりかな。比良の花に合いたい思いが募り ご近所の友たちを誘った。 比良のリフトや登山口までのバスがなくなり、すっかり遠のいていた。 ところが、比良駅からイン谷口まで土日だけ、バスが運行されていることを最近知った。 コブシ、イワウチワ、イワカガミ、ショウジ…
コメント:2

続きを読むread more

ニゲラの不思議

チズさんから貰った種 プランターいっぱいに蒔いた ある日、先の丸いのが開きはじめた レースのような葉をあしらい 青い花が咲き シベが喜びの表情を見せてくれた それは、まるでチュチュをまとい白鳥を踊るバレーリーナのように ところが しばらく見ないあいだに シベが見えなくなった 大きな丸い実生が生まれ…
コメント:0

続きを読むread more

至福のとき 薔薇物語

体調不良のあいだに好きな薔薇をいくつか枯らしてしまいました。 今年は残った薔薇たちに「愛」を注いだのです。 気を入れた分、しっかりと答えてくれた薔薇たち モッコウは終わり、カクテルの第一次はそろそろ終わりか バレーリーナが咲き始めました。 あちこちの友人宅にお嫁に出して、花の便りが届き始めました。 Mini …
コメント:2

続きを読むread more

若葉の愛宕山

5日、今年3回目の愛宕山へ 近所のM子、私と同年齢。健康のため週一回は大文字山を歩いているという。 「愛宕山へ行かないか」と誘うと喜んで同伴。 愛宕山へは独行だった私にも山友が出来てうれしい限りだ。 西大路四条から清滝行の京都バスに乗車。いつもは空席があるのに今日は団体客があり、満席だ。京都駅発の清滝行はどんどん本数…
コメント:2

続きを読むread more

マンガファン

私もマンガを好きで、捨てられない本が書棚にあるわ。 リフォームの仲間のトモちゃんとマンガの話になった。 実は私、『王家の紋章』(細川知栄子)を読んで、初めての外国旅行が26年前 エジプトやった。ナイル川と王家の墓を見たくてね。 『SWAN』(有吉京子)を読んで、「森の詩」のマフカが、黒鳥が見たくて 大阪のフェス…
コメント:0

続きを読むread more