父と母の会話

今朝、食事中に、父が 「お地蔵さんにお詣りに行きたいし、乙女ついてきてくれ」という 歩きながら、私にお地蔵さんが建立された謂れを話したいという。 「お父さんと木村さんがお地蔵さんの祠を建てたという話やろ」と母。 「なんで今日なんや。今日は民謡に行く日やろ」 父「うーん・・・・・そうや民謡行く日やった」 95歳父の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々を楽しく

私、吉沢久子さんのファン 100歳の吉沢さん 一人暮らし。 家庭菜園を楽しみ 日常のささやかなくらしを楽しんでいる吉沢さん 「身のまわりの小さな幸せを拾い集め、 うれしいと感じた瞬間の気持ちを忘れないようにと 書き残しています」と語る吉沢さん 今朝の日の出前の比叡山 その薄紫の寝姿に見惚れる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残惜しや お茶けいこ

お茶を習って15年。 先生のご都合でこの9月いっぱいで終了となる。 社会福祉の教室だったがお茶の飲み方が分かればと参加した。 教室が閉鎖になり、先生の懇意で5人ほどで教えていただくことになり、 それが2人だけの生徒となり、月二回の稽古日が10年続いた。 私たちは近くの施設だったが、先生は宇治から通っていただいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球が泣いている

とめどもなく涙がこぼれる 北の国の大地が悲鳴をあげた 厚真町の山肌はふもとまで土砂がむきだし、異様な姿を見せる 山が泣いている 海が怒っている 川が反乱する 台風21号の被害が町中にあふれて 波板が飛んできた 窓ガラスが割れた 瓦が飛んできて車に傷がついた 18時間停電が続く 昔、大工だった人の道具を借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

染め絵をブラウスに

先生、ブラウスが出来ましたよ。 先日、水彩教室で教えていただいた絵染めした布 ブラウスに縫いました。 袖口にフリルをつける予定でしたが 布が足らなかったのでフリルなしに仕上げました。 草木染めが少しまだらなところがあり、 再染めしようかなと考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわやかな朝ですね

本日の日本列島、湿気少なく好天気との予報があり、朝5時発で堤防散歩。 さわやかな風、秋だね。 日の出も少しづつ 遅くなり、 5時過ぎに東山の山際が赤くなり、白雲が輝いてきた。 桂川にシラサギ、天神川にアオサギも夜明けを迎える。 年に二回ほど堤防の草たちが刈られる。 春に咲き誇っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木染めの布に絵を

大津の和邇へ月一回、水彩教室の再開です。 今日は生徒私一人で、個人レッスンです。 1月に写生したウメモドキを布に描くことになりました。 この布はリフオームの仲間と草木染をした布で シルクにポリエステル混入の白生地に レモンマリーゴールドと藍の生葉で染めてあります。 ブラウスに裁断して持ち込みました。 前身頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出会いと発見

京都の気温が39.8度。 薔薇の葉も枯れ、花への水やりが欠かせない。 と アスファルトにじっとしているヒョウモンちゃん どうしたの? 昨日スマホでパチリ。 ところが今朝も同じ場所にいる あなたねえ 車に引かれるよ よくみると 傷だらけではないか かわいそうに 草花に移動する? そっと お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルガオ一輪

38度を超える猛暑が続く 週三回はウォーキングをと決めて今朝も5時半から歩き始める。 日曜日でか、青年たちのジョギングが目立つ。 桂川の濁流は少しおさまってきたが 堤防の斜面の草たちが刈り取られ、すっきりとした姿を見せている。 それでも 刈り取り車が入れないところでは イタドリ、ワルナスビ、ムラサキツメクサの花が朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニオン染め&リフォーム

水色の薄地着物地を染めて縫った夏服 リフォーム仲間のトモちゃんが持参した 鮮やかな水色(写真はくすんでいるが)の着物 ノレンにでもしようかな、という。  ふっと思った私。 水色だったら、オニオンでミョウバン染めにすれば草色になるのでは。 以前にアイタデの生葉で染めた絹をレモンマリーゴールドでミョウバン染めした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

でっかいサクランボ

岩手からサクランボ   4月、東北の旅で道連れになったB子さんから サクランボが送られてきました。 東京から仙台へ向かう「やまびこ」で隣合わせた方と意気投合。 5月に、着物リフォームで作った帽子を贈ったところ サクランボが出来たら送ります。と電話が入っていました。 サクランボはご近所から毎年届いていました。 5年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震その後&絵手紙

どこの瓦が落ちたのか、母屋の屋根に上った。誰が? 父母の足では上れないわ。私でしょ。 若い頃、木登りが好きだった母の子だねえ。 伸縮性のズボンを履き、運動靴の紐をしっかり締めて・・これでよし。 長い梯子をかけて、屋根伝いに道路側に向かった。 壁と屋根をつなぐところの瓦が二枚落ちて、壁土がむき出しになっている。 横の瓦を動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくり!地震

2018.6.18.7:58 朝食が終わった頃、東西にグラグラっと揺れた。 うわー地震や!思わずテーブルの端をつかむ。 テーブル上の花瓶が倒れ、水浸しになる。 阪神地震時より大きな揺れだ。 表の部屋の花瓶や置物が土間に散乱している。 角地に立地している我が家。 玄関を出ると、粉々になった瓦が道路に散在していた。 雨に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さよなら山靴

数十年前に始めた山歩きでした。 毎年1月2日には武奈岳へ登っていました。 雪山を歩くために 足に合った靴が欲しかったのです。 勤務先の近くに手作りの山靴を作っている方がいて あつらえてもらいました。 それが、年を重ね、この靴が重くなり ちょうど具合のいい軽登山靴を取得してから ずーと下駄箱の中に眠っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹林公園

地域の女性たちと竹林公園まで歩いた。(我が家から約7km) 京都の洛西方面にあり、私は初めての散策 110種類の竹と笹 応仁の乱で東軍と西軍が対峙したという百々橋が設置 そこで記念写真をパチリ 旧二条城の建設に織田信長が使ったとされる300体の石像が安置 不思議な竹がいろいろあった。 節ごとに縦縞が入るキンメイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑のつどい

小学校のミニ同窓会 アメリカ在住のK君が、春と秋に来日する頃 K君宅に有志が集まり、ワイワイガヤガヤ 今回は私が卵スープをつくり H子はカボチャサラダを N子がコーヒーとケーキを持参 大腸がん、胃がんを手術したY君がみんなに寿司をごちそうしてくれた 心臓疾患の人 日夜夫の介護で過ごしている人 一人ひとりが、病や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野の花 輝いて

久しぶりに桂川の堤防を散策しました。 白内障が発症してから、周辺が霧の張ったようで、散歩していても以前ほど野の花に関心がいかなくなっていました。朝露に輝く野の花や、夜明け前の空を見ては感動していた心が失せてしまったんだ、と気落ちしていたのです。 それが それが 戻ってきたようです。 野の花のすべてに名前があると教えてもらっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓬莱山~小女郎ヶ池

私の術後ゆえか、企画者がゆっくりのコースを選んでくれた。 打見山頂の琵琶湖テラスが全面開店という宣伝があり、ロープウェイに列をなす。聞けば、なんと120人乗りで、琵琶湖を眼下にあっという間に1108mへ。 若いカップルが圧倒的。 しばらく来ない間に蓬莱山への登りに水仙の丘があり、ちょうど開花のとき。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白内障手術その後

両目の手術が終わった。 一種類の飲み薬と3種類の点眼薬を一日4回。 点眼薬は5分おきだ。これが面倒やね。 手術は日帰りだが一日おきに眼科通い。 丁寧な診察で評判をよび、いつも患者でいっぱいだ。 手術後には付き添いのない私にタクシーチケットをサービスしてくれた。 遠くを見えるレンズ希望者は8割だそうな 私は、メガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇の刻がやってきた

4月23日、右目を手術して庭に出てなかった。 昨日、友人がやってきて 「赤い薔薇がいっぱいさいているよ!」と玄関に入るなり声がかかった 「えっ ほんと? 早いなあ もう咲いたのかなあ」と壁面を見に行く うわ!ほんまや いつもは5月1日に咲いていたカクテル 早いやん 黄花の薔薇も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more