優しさを貰った本

『いっぱいごめん いっぱいありがと』
画像


図書館の狭いテーブルに座って読んでいた
認知症者の母を介護する岡上さんの
絵と文が、私の父や母のことと重ねて
胸が締めつけられ
涙が止まらなかった
周囲の人に気づかれないように
涙を拭いた。

認知症状が怪しくなってきた96歳の父
足腰をサポートしながら日常生活を暮らす95歳の母
いずれ私も介護者になる
優しくしようと思っても
叱責や自責の念を繰り返すかも
だから 今
可能な限り やれることはやろう

そんなことを考えてまずやったことは
花の好きな父が次々買っては
水やりをしないで枯らしてしまっている鉢を
片付けよう
私は自分の鉢の花にしか対応してなかったのだ
明日から父の買ってきた花鉢にも水やりをしよう。
画像


今日の庭の花・・・スズラン、ナルコユリ、散る寸前のシラユキゲシ(左から)
画像画像
画像






この記事へのコメント