薬草 ゲンノショウコ

イシャイラズ。下痢ぎみのときに、煎じて飲むと、すぐに効く ということで「現の証拠」といわれているらしい。

画像
わが庭には
ドクダミと同じように、無数に繁殖。
はじめ、わからないうちは、草と同じように引いていた。

勤務していたときは、下痢と便秘を繰り返し、慢性胃炎だった私。
退職後、母親手製の十種類ぐらいの、ハーブ茶を飲むようになり、いつか、下痢が治まっていた。

主成分はタンニン。皮膚や粘膜の、収れん作用や、消炎効果で、下痢を止める。
開花期に、根を残し採集。天日干し、お茶にしている。
貴重な薬草。

宮津木子のゲンノショウコは、色鮮やかな紅紫と白色。
濃い濃い紅紫色が出せなくて残念だけど・・
画像

画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shiyoko
2007年09月12日 21:30
ゲンノショウコ。現の証拠 ですか。
紫色綺麗です。子供の頃に乾燥したのは
よく見ていましたので、ゲンノショウコ懐かしく
拝見させて頂きました。
桂川の乙女
2007年09月13日 12:42
ありがとうございます。
shiyokoさんのおうちの花は、手入れが行き届き、写真も鮮明で、いつも羨ましく思っています。あるがままの鮮やかな色は、なかなか難しいですが、それなりに、映るから、よしとしています。