ナンテン

母が語るおばあちゃんの話・・・ナンテンとミミズ

夜半。下腹が激痛で何回もトイレへ
どうも食当たりの様子
セイロガンを飲んでも治りません。
                                   07.6.1 撮影
昔の人は               画像                        
風邪とか熱がでたくらいでは
医者に行かなかったと聞く

母が蟹の食当たりで
苦しんでいるとき
おばあちゃんが
ナンテンの葉を煎じて
飲ませてくれ
不思議と治まったらしい

ナンテンの葉には
解毒作用のあるチアン水素を
微量ながら発生させるナンジニンという
成分が含まれており
食物の腐敗予防に役立つことが
わかっている
(「薬草早わかり百科」) とある。


なるほどね

それから ミミズの話
私らが幼い頃
発熱すると
おばあちゃんが
ミミズを探してきて
内臓を絞りとり
煎じたものを飲ませられたらしい
すると熱が下がり
助かったとのこと

書物に触れられず
インターネットもない時代に
先人の知恵はすごい!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック