花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016 挑戦の年となりますように

<<   作成日時 : 2016/01/03 11:18   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

正月の二日、二年ぶりの愛宕山です。

両ひざが完治せず、少しの不安を感じながら
しくしく泣いている身体と語り、諭しつつ
湧きつつある少しのエネルギーを信じて準備するが
朝、目覚めたときの身体にかけてみる

おっ 行けそうだ
熱い湯とおにぎりと母の煮しめを持ってバスで清滝へ
月の輪寺コースで行こう
堂承川を右に見て歩くこと30分、うん 調子はいいな。
登り口で衣服を整えていると後ろから中年の男性の声
「月の輪ですか?」
「はい そちらは梨の木谷ですか。荒れてませんか。
 お供してもいいですか」(ほんとは梨の木谷を歩きたかった私)
「そうですが、足はどうですか」
「あっゆっくりペースですが・・早いのですね」
「べっぴんさんと歩けたらいいのですが、よくお参りしていますので又お会いできるでしょう」

別れて、歩きながら気分がいい!
「べっぴんさん」と言われたことばが気分よくしている(笑)
私って おせじに弱いなあと思いながら
雪のない道、誰も歩いていない木漏れ日道を「悲し別」を歌いながら登る
画像


月の輪寺の近くで アセビの蕾が真っ赤に輝いている
画像画像














大杉谷の合流点を過ぎれば、もうすぐだ。
しかし、この尾根は、こんなに歩きやすかったかなと周辺をみると
樹木が伐採され、光が尾根道を照らしているのだ
画像


神社でお札を購入して
同じコースを下ることにした。
下りになると、荷の重さとずーと下を向いてストックで歩いている故か
右肩甲骨のあたりがこわばって、激痛が走る。両ひざがしくしく泣いてきた。50肩の右肩がだるい。
3回ほど小休憩、ふくらはぎと大腿四頭筋、腕、肩と背中のストレッチを施す。

それでもいつもと同じ時刻に帰途のバスに乗れた。
ありがとう 私の体
正月の愛宕山歩きが 私の体調の試金石
ずーと 続けられますように と祈る





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
愛宕山へ登られたとは健康的なお正月でしたね
元気なブログアップ、励まされつつも・・・
私は、息子のうつ病(薄々気づいてはいたのですが)だという核心に触れて、病院の検索と合わせて・・・どう接してサポートしてやれるかと、模索を続ける年明けです。
Tatehiko
2016/01/03 11:50
べっぴんさん、おめでとう!!
愛宕山も「よく来たね」とむかえてくれたのね。うれしいこと。
齢とともに自然への思いも、ますます深くなるのを感じます。
昨年も過酷な環境に生きる高嶺の花々にどれだけ慰められ励まされたことかー
お互いに自分に合った歩き方を探求しながら山と付き合っていきましょう。
ハーバー
2016/01/03 16:36
Tatehikoさん
お天気もよくて幸い。山歩きは自分への挑戦でもあります。
息子さんのご病気、気長に、見守ってあげてください。
私の母も回復まで5年はかかりました。
私の周辺にも、心を病んでいる方が増えてきたように思います。
桂川の乙女
2016/01/04 14:45
ハーバーさん
体調が悪いと何をする意欲も失せるなんてメンタル面の弱さを露呈ですね。
自然への思いは同感です。
早朝散歩で陽の光のありがたさ、野の花の目覚めに癒されています。
高嶺の花にはもうお目にかかる機会はないかも。
京都の山々を歩いてみます。
桂川の乙女
2016/01/04 15:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016 挑戦の年となりますように 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる