花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS Mくんの戦争体験

<<   作成日時 : 2015/05/23 21:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

今日、心に沁みこむ話を聞きました。

画像


僕は1945年9月11日に生まれました。
アメリカがテロにあった日と同じです。

1945年10月の消印の手紙が南方の戦地の父から届いた。
「明日から○○基地に出撃する。生まれた子が男の子だったらタカフミ、
女の子だったらタカコと命名を」と手形が押してあった。
そのまま、父は帰って来なかったから、
終戦がわからずに出撃して戦死したのだと思う。

母は広島で原爆にあい、田舎の祖母の家で出産したが
栄養失調のために、僕を育てられず、祖母に預け、広島へ帰って行った。

僕は未熟児で仮死状態で生まれた。
祖母は僕が死んでいると思い
ソバの入っていた、木箱に僕を入れ
庭の片隅に、埋めるための穴を掘った。
そして
末期の水を赤子にやるために
水をガーゼに浸み込ませ、唇に含ませた。
すると
赤子の手がぴくんと動いた。
「あっ この子は生きている!」

それで僕はこの世に生き延びることができた。
小学校4年生ごろまで、毎日医者に通って、電気をあててもらっていた。
おかげで 風邪ひとつひかなくなったが

15歳で京都に来た僕は
母親と暮らしたことがない。

戦争は、ほんとに嫌です。
戦争はしないと宣言した
憲法九条を守ってほしいと切に思います。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本は、どこへ向かっているのだろう…。
suzuko
2015/05/24 21:34
suzukoさん
日本の向かう方向、国民一人ひとりが
自分の意思を持って、行動を起こすことが道を開くと信じて・・
桂川の乙女
2015/05/26 10:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mくんの戦争体験 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる