花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雨過ぎ 中秋の名月

<<   作成日時 : 2013/09/19 21:33   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

画像



9月16日 台風18号は由良川、桂川、宇治川を氾濫させ、濁流が街を襲った。

災害にあったみなさん 心からお見舞い申し上げます。

16日朝 5:05、京都府の大雨特別警報発表!の携帯メールに目覚める。

      8:00 京都市災害対策本部の避難指示がエリアメールで届いた。

      TVは渡月橋・桂川の氾濫を放映続けている。

      私は雨靴を履き、傘をさして雨風の中を堤防に向かった。

      嵐山の下流に当たる桂川は、濁流が音をたて、凄い早さで流れている。

      いつも散歩する河川敷は姿もなく、大きな川となって、堤防から2・5mまで水位が上昇。

      妹から携帯電話が入る。避難学区の名前が報道されているらしい。
 
      「お父さんとお母さんをお姉ちゃんの二階に避難させたか。

      何をしているのそんな所で」とお叱りの声。

      そこへ父と母が堤防の水位を見にきた。TVで避難指示はあるが、堤防の水位の状況は

      どこからも 何も報道がないので見に来たのだ。

      「ああ これなら 大丈夫。これまで堤防から手を伸ばしたら、水が触れたことが何度もあった。

       牛や材木が流れてきたこともあったからな」と慌てる風もなく帰って行った。

      私が青くなったのは水位ではなく、堤防への上がり道路のアスファルトが2,3カ所、ひび割れして

      水があふれ出していることだ。土手からも浸み出している様子だ。

      消防団員を探し、伝えるが水位を見る係なのか動こうとしない。

      老人会の役員が来たので伝える。

      雨も小ぶりになり、桂川の水位も下がってきたというので

      所用があり、外出。

      夕方、その場所へ行くと、3〜4人が集まっている。溢れる水量が増えていた。

      原因は何だろうか

      桂川から土手へ細い水路があるのかも

      土手の土が水分を吸収できずに飽和状態になったのか

      消防団員もおり、安心して帰る。

      翌朝、その場所には土嚢が積まれ、通行止めの札がかかっていた。


      もう少し雨が降り続いたり、雨量が多ければ、土手が決壊していたかもしれない。



      二日後、顔を出した河川敷を歩いた。
画像


      泥臭い匂いが蔓延していた。
画像


      東の空には比叡山がきれいな姿で 朝日を迎えようとしていた
画像


      濁流に呑まれなかった土手に、公園に

      ニラが ヒガンバナが、アサガオが寂しげに色を添えていた。

画像

画像


      

      今宵は 中秋の名月 黄色いお月さま

      等しく 地球を照らす

画像




      桂川の横に住んでいることを思い、心配いただいたみなさん
      ありがとうございました。

                      桂川の乙女
      

      

      

      

      
 



      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ご無事で何よりでした。
日本の各地で今までに経験のない雨が降ったといわれていますね。
本当に地球がおかしくなっています。
今日は綺麗な月が見られました。
ひぐらし
2013/09/19 22:01
ニュースでしか伝わりませんが、
それでも息を呑むほどの光景が焼付きました
なす術もなく・・・
自然は何を語っているのでしょうか

一枚いちまいが、こころに沁みる写真です
お見舞い申し上げます
七海
2013/09/20 07:58
大丈夫だったようですね。
伏見くハズカシノの友人に様子を窺ったのですが、避難しても往生するので1Fgaガレージのため無視していたと言っていました。
Tatehiko
2013/09/20 10:49
あひぐらしさん
災害の少ない京都と思っていたのですが・・
明日、友人は被害にあった園部にボランティアにいくとのこと
私ももう少し元気ならね。
桂川の乙女
2013/09/20 23:05
七海さん
お見舞いありがとうございます。
もう少しで、大惨事だったかも(私の思い過ぎだったらいいのだけど)
海の温度が高くなっており、18号が荒れたとか
温暖化への警鐘でしょうか
桂川の乙女
2013/09/20 23:10
Tatehikoさん
かろうじて大丈夫でした。
羽束師川も荒れた模様でしたね。
正確な情報が欲しいと思いましたね。
桂川の乙女
2013/09/20 23:13
堤防の水が滲みだし決壊の恐れ、と遭った箇所にでくわしました。
あなたのブログを読んで、あああそこだったのかと了解。
不気味な気持ちになりました。

けいさん
2013/10/12 15:39
けいさん
「通行止め」の看板、見られたまましたか。
いまだに放置したままです。何か アクションを起こさねば。
日吉ダムの放流加減の調整をうまくしてなかったという人もいます。
桂川の乙女
2013/10/14 11:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
大雨過ぎ 中秋の名月  花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる