花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画館へ

<<   作成日時 : 2012/07/25 20:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』

画像
                       (C)2011 EuropaCorp – Left Bank Pictures – France 2 Cinema


スーチーさんのことは

断片的にだけどTVニュースを見て、関心を持っていた

ミャンマーの政変が起こるたびに、スーチーさんが報道された。

自宅軟禁 釈放、軟禁 僧侶のデモ、選挙

2012年4月の連邦議員補欠選挙で圧勝した時、彼女は「勝利したからと言って、少数派の人々の気持ちを考え

騒ぎ立てないように。」という趣旨を演説した。

大勢の群衆の前で、声高になるのではなく、静かに、凛とした姿で民衆を民主化の方向へ導く姿に感心していた。



映画は、彼女が、イギリスの家族と一緒に暮らすことを禁じられ、

軍事政権へ非暴力民主化運動のリーダーとして、

長い軟禁生活をたたかう実録ドラマだった。



夏の暑さを忘れさせてくれた映画でした。


画像


暑さにめげず次つぎ咲く 一日花ヒオウギを 茶花のあと、花瓶に





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい映画を見られて良かったですね。ひとときでも暑さを忘れられて・・。
女性として尊敬される人だと思います。でも詳しいことを知らなくてあまり語れませんけど。 ヒオウギの花が綺麗ですね。色がとっても・・。
ひぐらし
2012/07/28 11:29
ひぐらしさん
スーチー役の女優さん、仕草や凛とした姿勢など
とても実物に似ていて、錯覚するほどでした。
ヒオウギ、毎年祇園祭の時に咲いてくれてます。
桂川の乙女
2012/07/28 22:17
ニュースで見るスーチーさんは
必ず髪に生花をつけて。
その凛々しい美しさに圧倒されました。
自分に恥かしくない生き方を・・・
最近、とみに思います。難しすぎるけど。
七海
2012/07/29 09:03
七海さん
映画では、髪飾りは最初、父親が幼いスーチーさんに
庭に咲いたランを髪に指していました。
どんな人にも生きる権利はある・・人間の素晴らしさかな。
桂川の乙女
2012/08/01 08:45
友人が夫婦でこの映画に感動したとメールをくれました。生い立ち(日本人の祖父、国父と崇められた父を持った娘)からしてあのような人生は宿命であったようにも思えますね。同じ鉄の女でも、庶民からでて庶民として生を終えたサッチャーとの違いを思います。
けいさん
2012/08/08 09:56
けいさん
恵まれた環境で育った女性、苦難を得てトップに立つ女性。
多数の群衆が社会を根底から変えて行くと思っていますが、
リーダーの役割はたいへん大きい。
その役割を女性が担える時代って、嬉しいと思います。
桂川の乙女
2012/08/09 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画館へ 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる