花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 心を病む社会

<<   作成日時 : 2012/07/03 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

7月1日、「心を病む社会の中で」というテーマの学習会に参加した。

画像


「心を病む」

私が職場で世話になった方の娘さんが「統合失調症」だった。
両親が亡くなったあと、少しの間、お付き合いしていた。


私自身、更年期症状を発した時、うつ症状に苦しんだ。
布団のなかで「涙する」自分に驚いた。
いろんな本を読み漁り、
仕事の段取りや対処を具体的にした。
鍼灸や水泳など、まず体を鍛えた。
そして 退職した。


母が80歳の時に、うつ症状を発症した。
死にたい 死にたいと 
自転車で走り回っていた。


6月下旬、いつもボランティアに行っている89歳のKさん
ディサービスから帰ったとき
「ここはどこ?」といい、
「猫が三匹もいる」「蝶々が飛んでる」と幻覚症状が出てきた。
しかし、会話はしっかりしている
2、3日前に風邪をひき、不眠を訴え、めまいがするといっていた。
歌うことが大すきなKさん、健康を回復しますように


「心が病む社会の中で」
講演の精神科医は最後に、「生物には自己回復力があり、免疫力がある。
適切なサポートがあれば対処できる」と言ってくれた。

画像



人間の生命力を信じながら

最後のそのときが
「これまで生きてこれてよかった」と
安らかな気持ちで迎えられたらどんなにいいだろうか




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
精神疾患も多様化しているようですね。
『適切なサポート』大事かつ難しい問題です。
suzuko
2012/07/04 08:15
suzukoさん
おはようございます。
そう、いろいろな疾患事例が報告されました。
今の医療体制の困難さ、対人関係の難しい社会にあって
「話を聞き」「笑顔」で接することなら出来るかな・・・と
桂川の乙女
2012/07/04 10:42
黄薔薇を眺めながら、
「うん!」と頷く私がいました。
七海
2012/07/05 21:25
七海さん
私自身の体験もさることながら
人間って、適切な対処があれば、自分を
変える力があるって信じてます。
桂川の乙女
2012/07/06 20:55
誰でも思いがけず体験してしまうのやな、と思って読みました。 親との別れや息子の巣立ちの頃のこと思い出します。 
せんだん婆
2012/07/07 00:04
いつも元気な乙女さんにも
そんな時があったんですね

私も一人になって
寂しいときもあるけど
更年期のときほどでもありません

おばちゃんの80での更年期にびっつくりです
頭のなかにおいておき
自分がその時になったら
対処できるようにしておきたいです
ハリキリおばさん
2012/07/08 08:38
わたしも
更年期鬱に悩まされました

寝れない
何を食べても砂のよう

とにかく歩きました


歌を歌いながら農道をね歩くの

犬がいてくれたので助かりました


心が強い人なんていませんよね
みんな自分なりに乗り越えてるんですよね


乙女さん
chikako
2012/07/08 18:47
せんだん婆さん
昨日、TVで「情熱大陸」って番組で漫画家の女性が
「つらいことも含めて生きているって面白い」って語ってるのを
聞いて、人間って捨てたもんじゃない!って。
桂川の乙女
2012/07/09 09:21
ハリキリおばさん
昨日の乙女があり
今日の乙女があるってね(笑)
桂川の乙女
2012/07/09 09:23
chikakoさん
更年期の時に、「うつ症状」を体験してよかったと思います。
生きている間に、たくさんの人と出会い
紆余曲折があればこそ、賢くなれるんだと

桂川の乙女
2012/07/09 09:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
心を病む社会 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる