花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 25年生きた鯉

<<   作成日時 : 2012/05/31 23:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今朝、池の最後の鯉が旅だった画像

体長60センチにもなり、
ゆうゆうと泳いでいた。

2日前、プカッと浮いていたので
父が網ですくおうと思ったところ、
激しく動き、網棒が折れてしまった
まだ息があったのだ

母が「末期の水をやろう」といって、
池の水を全部入れ替えた
すると どうだろう
元気に泳ぎ出したではないか

生き返った! と喜んでいた画像


ところが今朝、のぞくと 
体中が真っ白になって浮いていた
鯉は長生きの生物という
なら 病気だったんだな

25年前、母が三匹の鯉を買ってきたのだった
それが一匹になり、狭い手作りの池に
ゆうゆうと 泳いでいたものだ


もっと広い 天国の池で 泳いでちょうだいね。

合掌


                                      今日の庭の花・・・ホタルブクロ、ペラルゴニューム















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私にとって、実家の鯉は父への語りかけとなりました。
日がな一日、鯉を眺めていましたから。
「淋しそう・・・」と思ったのは不遜。
鯉の泳ぎが、瞑想のひとときを誘うようです。
今、姉が同じように鯉を眺め、庭の手入れをしています。

父が亡くなった朝、
カーテンを開けて目に飛び込んできたのは
眩しいほどの石楠花の白さでした。
落ち着いた頃、苔の輝きにも感嘆しました。

乙女さんの庭、命を感じます。
七海
2012/06/01 20:13
七海さん
そう、鯉の泳ぎは瞑想に誘ってくれますね。
朝、カーテンを開けて、縁側から鯉に餌をやる係が父です。
手作りの小さな池ですが、うちも周辺に石楠花があり
今年はことのほかきれいに咲いてくれました。
桂川の乙女
2012/06/02 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
25年生きた鯉 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる