花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 父の誕生日 & 絵手紙

<<   作成日時 : 2010/02/10 18:12   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

今日 父の米寿を祝い、「梅の花」で湯葉料理の食事会

子どもの頃
みんなには 母親がくる授業参観に 画像
毎回くる 父がいやだった

妻や子どもに、げんこつで
「家長」の威厳を示そうとする
ワンマンな父に 反発した

私は 自由を求め
家を 出た
共存する術を身につけ
故郷へ 帰って来たのは15年後

父は 人の話を聞いて
自分の意見をいう人になっていた

何より嬉しいことは画像
頑固で「家長」の権威をふるっていた
姿は消え

母親をいたわり
玄関と雨戸を開閉して
布団の上げ下ろしを自分の
日課にするようになった

たくさんの買い物があるときは
母と一緒にスーパーへ行き、
重い荷物を背負って帰る姿があった

民謡とカラオケが大好きで
毎日、出かけているお父さん
お母さんのためにも
元気で長生きしてね



今日の絵手紙                     
                           ♪歌ってます♪
画像
 


いつまでも みずみずしくありたいわ
画像



待っているのは誰?
画像



先生のコメント・・・スイセンは葉が特徴。折れ曲がっているところは色を変えて
           大根の光っているところは白地で残しましょう
           パレットで色を重ねて 色を作ってください    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
お父様、米寿になられるんですね。おめでとうございます。
人は『大人』になっても変れるんですね。(^^)

絵手紙、素敵ですよ!
特に大根の堂々とした姿に
『光っているところは白地で残す』なるほど!

チョコはどちらでもなく『自分チョコ』です(*^^)v
suzuko
2010/02/10 18:42
父に早くに先立たれたので羨ましく読ませて頂きました。
私の父もよく授業参観に来たり、学校の役員をいつもしてました。
その時は反抗期だったのでそんな父が疎ましかった。
親孝行してくださいね。
絵手紙やっぱり素敵です。好きに描いたのが一番だと思います。
あんこ姫
2010/02/10 20:55
お父さん米寿おめでとう。
梅の花でお祝いできるなんて、ほんと素敵。
私は5歳で父をなくしたので、私の分も親孝行して。
元気なお父さんやお母さんに会えるのがなにより。また、民謡聞かせてもらうわ。
山の乙女
2010/02/11 01:56
suzukoさん ありがとうございます!
父を見ていて、人は変われるって思いました。
人間てすばらしいなあと教えられましたね。
私も「自分チョコ」。この絵手紙は投函できないなあ(笑)
桂川の乙女
2010/02/11 17:01
あんこ姫さんもそうでしたか。
少女のときって父を疎ましく思う時期がありますよね。
若い父親も娘にどう接すればいいかわからなかったのでしょうね。
絵手紙、コメントが難しいわ。姫のセンスいただきたい!
桂川の乙女
2010/02/11 17:10
山の乙女さん ありがとうございます!
生湯葉が美味しかったです。
父と母と一緒に暮らせる時間を大切にと思ってます。
ぜひ父の民謡聴いてやってえ。大喜びよ。
桂川の乙女
2010/02/11 17:21
おっちゃん
『米寿』おめでとうございます
ということは 来年は おばちゃんの お祝いですねフ

いつまでも 元気でハツラツとすごされることを 祈ってます

絵手紙
みんな 上手く描けてます♪

大根 美味しそう(*^o^*)
ハリキリおばさん
2010/02/11 18:53
お父さん米寿ですか。おめでとうございます。
このように祝ってあげられるって良いですね。
“以前の若い頃のお父さんは、その権威のようなものを示そうとされていたのか”・・・私などは、亡き父を振り返って思うのですが、手を上げたり大声で威嚇したりする行為に悩んでいたのだろうなって思うことが多くあります。
Tatehiko
2010/02/11 19:56
ハリキリさん ありがとうございます
そうです。よくご存じで。来年母の米寿です。
大根、美味しそうやろう。
みんなに「見て 見て」と自慢です(笑)
桂川の乙女
2010/02/11 22:46
Tatehikoさん ありがとうございます。
以前に少し書いたのですが、父は元は優しい親孝行の青年でした。
それが戦争で教育され、暴君になって帰って来た、と
母がその変化を私に語りました。
父は「変わった」というより元の優しい青年に戻ったのでしょうね。
桂川の乙女
2010/02/11 22:54
若々しい
おっちゃん
もう米寿なんやね。今年もうちのお父ちゃんと菊作りを 楽しまはるのかな(^0_0^) おっちゃん米寿おめでとうございます。梅の花 お料理おいしそう
おかめ姫
2010/02/12 10:56
お父様の 
米寿おめでとうございます。
ご両親様 どちらからも労りながらの日々となられて、
乙女さんも、嬉しく眺めておられる事でしょう。良かったですね。

絵手紙 絵も文も素晴らしいですね!心が和みます!
shiyoko
2010/02/12 17:32
おかめさん ありがとうございます。
父の元気さはご近所でもちょっと評判です(笑)。
菊作りは根気が要る仕事だから、いつまで出来るかしらね。
湯葉料理、一皿にちょっぴりの料理だけど、満腹になりました。
桂川の乙女
2010/02/13 08:57
shiyokoさん ありがとうございます。
娘たちも孫たちも元気で、父も母も今が一番幸せ!
少ない国民年金ですが健康が宝。毎日医者通いですが・・・
世界で一つの絵手紙に磨きがかかるよう(笑)がんばります。
桂川の乙女
2010/02/13 09:04
お父様ベージュになられたんですね おめでとうございます
大正生まれの私の父も似たところがありました 残念ながら70になる前に逝ってしまいましたので 乙女さんのお父様のような思い出は残っていません
梅の花は関東にもたくさんのお店を出展してまして我が家でも何かあると利用してます 
絵手紙 寒水仙ほんともうすぐ春がやってきそうですね 丸々としたおダイコンも 年は重ねてもみずみずしく・・・いいですね  先生のコメントは辛口ですけど とても素敵です もしかしたら 義理チョコかしら
グランドマザー
2010/02/14 16:42
グランドマザーさん ありがとうございます。
お父様、70歳前とは若くて逝かれたのですね。父との思いでが刻める私、幸せですね。「梅の花」、関東にもあるのですか。知らなかったわ。
思う色がなかなか出せない絵手紙ですが、楽しんでいます。
桂川の乙女
2010/02/16 16:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
父の誕生日 & 絵手紙 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる