花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS お年寄りが安心して暮らせますように

<<   作成日時 : 2008/12/19 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

ご無沙汰しました。バタバタしている間に、今年もあとわずかとなりました。

画像


私の近所に 85歳のKさんが一人住まいでおります。

数年前に お知り合いになりました。

出身は山形で、まるで「おしん」のような暮らしをおくってきました。

8歳で子守に出され、小学校の卒業式に赤ちゃんをおぶって参列したといいます

暴力をふるう彼から逃れるために、夜半に鉄道沿いを歩いた時の不安を語ってくれました

転々として 飯場で知り合った「おとうちゃん」を紹介され、同居生活、京都へ越してきました

私が出会った頃は、「おとうちゃん」が亡くなり、毎週土曜日、岩倉まで民謡に通う Kさんでした

我が家の前を 元気に歩く姿が印象的でした。 清滝へのハイキングにも一緒に出かけました

去年、そのKさんが 市バスを降りたとたんに、こけてしまい 腕を骨折しました。

その骨折が治りかけた頃、部屋でコンセントに足を引っ掛け、又骨折

「近くのお医者さんに診てもらったら」と言っても 

高血圧の薬は 知っているお医者さんがいるからと バスで30分かかる「N診療所」へ

眼科にお付き合いすると 手術の出来ない緑内障でした

視力が弱くなり、唯一の民謡にも通わなくなりました

体重も みるみる減ってきました

5分ほどで買い物に行けたスーパーが、11月に不況で倒産。

15日の年金支給日には Kさんは バスで30分かかるスーパーで いっぱい買ってきます

冷蔵庫には 期限切れのものがいっぱい詰まっています

一人では食べ切れないけれど 買っておかないと とても不安なのです。

部屋の掃除も 洗濯も お風呂も 思うようにはいきません


「おばちゃん 介護認定を申請して ヘルパーさんにきてもらったら」というのですが

「部屋に入られるのは イヤ!」と言下に拒否

ガスや電気 電話代の請求が来ても 見えにくく つい とどこってしまっている様子

電話を入れても「お客様の都合で・・」とコメントが流れます

11月末に 又またこけて 今度は頭を打ってしまいました

ようやく 近くの診療所へ通いはじめ、親切な医師や看護師さんが対応してくれて

週一回のディケアに行くことを了解しました

私も ケアマネージャさんの設問に立ち会いました

そして、一か月経った先日、 「要介護1」の介護認定が下りました

少ない年金から介護保険料が引かれ 少しケアをして貰いたくても負担金が必要です

幼い時から働き続け、故障してきたKさんの体です

せめて ディケアぐらい無料にならないものでしょうか


画像

                            08.12.11








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ更新されていたので、安心しました。
おなべのお友達がふっくら優しい雰囲気に描かれていて
絵にも文字にも人柄が出るんですね。
介護の問題難しいですね。
Kさんは、いろいろ心配してくださる乙女さんがいてくれてとても心強いと思います。
今の世の中、老若男女すべての人が「不安」を抱えているような気がします。
suzuko
2008/12/19 08:25
suzukoさん ありがとうございます
しばらく、パソコンに向かえませんでした。
人間の心って、もろいもんですね。若い頃、惑わない強い精神が欲しい!と希望していました。この年齢になって、世が見えて、人が見えてきたと思っていたのですが、思わぬ弱さを露呈してしまいました。
絵手紙は「下手でいい 下手がいい」と励まされています。
そうですね。若い人も、お年寄りも、みんなが試練の時期でしょうか。
桂川の乙女
2008/12/19 13:53
嫌な世の中になりました。あっちを向いても こっちを向いても 暗い話しばかり。日本の国はどこに行くのでしょうか? 乙女さんが考え込まれるのが よく分かります。私も息子の将来を考えるとため息がでます。スーパーマンみたいな政治家出てきて明るい日本にしてくれないかなぁ!
おかめ姫
2008/12/19 15:42
おかめ姫さん ありがとうございます
サポートを必要な人が、安心して暮らせる明るい日本になってほしいわね。
知人に聞いたんだけど、この間、伏見のイズミヤの近くで、歩道橋の欄干に足をかけている男性を車の中から見たんですって。110番して、後で聞いて見ると、派遣でクビを切られ、3日間何も食べてなかったって。助けられてよかった!でも、一呼吸して、強く生きる勇気が欲しいね。
桂川の乙女
2008/12/19 17:46
ほんとうに 暗い世の中に。
困ったものです

これから 年の瀬 私の仕事にも よく影響のある出来事が
頻繁にあるのです。
そうです。悲しいかな 人身事故で電車が遅れます!!
昔は 年の瀬に集中してたとか?
今は 関係なくありますよ。
皆が 暮らしやすい世の中に
なんとかなって
欲しいものですね。

ハリキリおばさん
2008/12/19 18:44
明るいはなしを…乙女さんチ から頂いた柿で作った干し柿超美味しくできました\(^_^)/昨日ハリキリさんにもご馳走してあげました。美味しいと言ってました。それとオバチャンに貰った石鹸で顔を洗ってたら近頃しっとりしてきたよ(*^-^)bオッチャンとオバチャンに有難う。と伝えてくださいo(^-^)o
おかめ姫
2008/12/19 19:12
桂川さん、お久しぶりです。kさんはきっといろんな経験をされているんですね。8歳で奉公に出されるなんて今の時代だは考えられません。バイトもしないでウロウロしている僕もみなわらなければなりませんね。
介護の問題も山積みみたいですし、法を根から考える必要がありますね。
どらん
2008/12/19 20:11
少ない年金から介護保険料を引かれて、老後の事不安がいっぱいです。
Kさん、一生懸命に生きて来られたのですね。
乙女さんとお知り合いになられて喜んでおられる事でしょう。
絵手紙暖かくて、素晴らしいですね。

shiyoko
2008/12/19 21:27
ハリキリおばさん 
そう、おばさんの仕事、事故に遭遇するのね
事故が少ないことを祈っています。
こんな世の中だからこそ、はりきって、頑張らなくてはね。
桂川の乙女
2008/12/19 23:10
おかめ姫さん 明るい話 ありがとう
干し柿、今年はたくさんつくりました。今、食後のデザートです。
美味しいね。父は、甘菓子のようだと一回に五つ六つ、食しています。
そのハーブ石鹸で髪を洗うといいですよ。母も私も髪が多いのは石鹸のおかげと思っています。
桂川の乙女
2008/12/19 23:20
どらんさん ありがとうございます
Kさんは、両親の死に目にも会えず、一人の妹さんとも疎遠のままだそうです。
お子さんもおらず、天涯孤独なんですね。民謡が大好きで、明るい性格なので、救われます。介護保険が有効に活用されるのに、まだ時間がかかるかしらね。
桂川の乙女
2008/12/19 23:31
shiyokoさん
Kさんは、うちの父と同じ年だから、ほっておけないのです。
ときどき訪問して、声を掛けています。
絵手紙、添えるコメントが難しいです。

桂川の乙女
2008/12/19 23:37
おばあちゃんのけが、早く回復されるといいですね。
桂川の乙女さんの、声掛けが、何より、心暖まるお話しです。
介護認定を受けられましたから、これからは、親切にお世話してくださる方にお出会いになられると思います。義母も義父のの時も、頭が下がるくらいに、訪問看護師さんが、よくしてくださいました。
介護保険や、その都度の負担金も必要なので、大変ですし、おばあちゃんの受け入れる気持ちも、必要ですし・・難しいですね。
にこにこ通り
2008/12/20 09:05
しばらくブログ更新がなかったので心配してました。よかった。
志賀のさざなみ
2008/12/20 11:07
こんにちは!
何回かのぞいたのですがUPされてないので、ちょっと心配してました。
いろいろあったのですね。
自分の母を見ていると年々年老いていくのがわかります。数年前までは自転車に乗っていたのに今は歩くのも足が痛くてとこぼします。それでも身内がそばにいるので母としては安心もあるでしょうが・・
他人として出来る事は限界があるでしょうけど、近くに気にかけてくれる人がいるのはKさんとしては心強いと思います。
しいたけ食べたくなりますね〜
あんこ姫
2008/12/20 11:54
にこにこ通りさん
おしゃれなKさんでしたが、無頓着になってきたことが心配です。
おっしゃる通り、デイケアにお世話になって、おしゃれ心が戻ってくれると嬉しいのですが・・
桂川の乙女
2008/12/20 20:14
志賀のさざなみさん ありがとうございます
ご心配おかけしました。「○○後遺症」の疲れを引きずっていましたが、先日、「スコーン」とつき物が落ちたように、体が軽くなりました。
ようやく元気が戻ってきたようです。
桂川の乙女
2008/12/20 20:25
あんこ姫さん ありがとうございます
再々訪問していただいて、ごめんなさいね。
花の手入れもしないで、パソコンを開ける気力も失せていた日々でした。
あんこ姫さんのお母さん、娘が傍にいてくれて安心ですよ。うちもそうですが。このしいたけはその日に、お鍋で白菜のお友達になりました(笑)

桂川の乙女
2008/12/20 20:37
お年寄りの頑固さも手伝って・・・その生活を見ていると身につまされますね。
もっと早く気安く医療にかかっておれたらと思うことが多いですね。
健康な街づくりという言葉を教わってきたばかりですが・・・切実ですね。
Tatehiko
2008/12/22 18:22
Tatehikoさん
高齢者が生き生きできる街づくり、いいですね。
歩いて買い物に行ける街、傍に医療機関があり、訪問もして貰える。自由に出入りができて、少し憩える施設があればいいなあ。
桂川の乙女
2008/12/22 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
お年寄りが安心して暮らせますように 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる