花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 茶の湯 習い

<<   作成日時 : 2008/09/11 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

8月はお休みだったお茶(裏)稽古、久し振りに静寂の世界に

画像

今日は 桑小卓(くわこじゃく)を使っての濃茶点前と薄茶点前
棚は桑木地でできており、4本柱

写真は濃茶が終った時の棚で
天板に薄茶の棗(なつめ)、中棚に水指、地板に夜学蓋置(やがくふたおき)をいれた平建水、柱にかざった柄杓

今日の覚書メモ
・仕服(茶入袋)は、天板の左前角にのせる
・拝見所望のあと、蓋置は建水の上座におき、柄杓の合は、上向きに蓋置の上に置く
・柄杓を柱に立て掛けるのが特徴
   拝見の品を出したあと、柄杓を左手で取り、右手に預け、合を伏せて、左向こうの柱に伏せ、柄の端は、
   手前の柱に止める。左手は柱の外で添える。
・蓋置は、窓口を正面にして、左手前の柱の横の中棚におく
・平建水の扱い
  濃茶・・水つぎのあと、清めた建水を運び、棚正面に座り、蓋置を入れ、地板にかざり、拝見まで水屋で待つ
  薄茶・・蓋置を地板にかざり、水屋へ帰らず、そのまま、拝見物の質問に対応する

夜学蓋置・・秋の夜長に合わせて先生が用意。 昔の灯明台の転用で、夜、学習をする時の灯具の形とのこと

画像


何回もやりなおしたのが、かざりの柄杓を取り出して、蓋置におく手の作業だ。
  右手で取り、合を正面に向け、左手で持ちかえ、右手を柄の端へ添えおろし、蓋置におく


若いチトセさんは、記憶もいいが、加齢の私は、もたもたと。
それでも、柄杓から窯に落ちる水の音や、
茶に湯を注いだときの香り
茶をたてるときの シャカシャカとした音が
疲れを癒してくれるひとときだ

                             コムラサキ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
渋いことをされますね。
お茶の作法を習うと・・・気分を落ち着かせるのに良さそうですね。
生家では、親父がお茶を栽培していて・・・玉露の飲み方や、煎茶の飲み方を見せてくれましたが、そんな野暮ったいものでなさそうですね。
Tatehiko
2008/09/12 22:37
こんにちは。
色々ご趣味をお持ちなのですね。
二十歳前にお花のお稽古をしていた頃、先生がお茶も教えていたので帰りによく頂きましたが、お茶よりお茶菓子が目当てでもありました。今は正座も出来ないかもしれません。
あんこ姫
2008/09/13 13:38
Tatehikoさん
無心で稽古できる時間がいいかもね
ご生家はお茶栽培されているのですか。それはいい。
それぞれの茶の飲み方は違っても、もてなす心は同じじゃないかなあ。
まだよくわかりませんが。
桂川の乙女
2008/09/13 15:13
あんこ姫さん こんにちは
お茶はまだ趣味です、とはいえません。
若い頃、稽古事など、全くしなかったから、今頃、いろいろ欲求がでて、かじっている一つです。京都は和菓子の店がたくさんあって幸いかも。今度、姫のために主菓子をUPしてみましょう。
桂川の乙女
2008/09/13 15:20
茶道の経験はないのですが、静寂の世界心が落ち着く事でしょうね。
ワサワサしている私にはこの世界が羨ましいです。
トマト
2008/09/13 23:05
トマトさん
月二回の稽古なので、お茶を楽しむ余裕までいかないのですが、お菓子とお茶をいただくと、ほっとする時があります。
桂川の乙女
2008/09/14 09:14
茶の湯の心得はありませんが、お茶を立てられる音
仕草が好きですね。昔は初釜に着用される着物の仕立てが
ありましたが、今も同じく初釜はお着物なんでしょうか・・
コムラサキ、きれいな色ですね。
shiyoko
2008/09/14 10:15
学生の時クラブ活動で2年間茶道をしました。小堀遠州流でした。
すっかり作法は忘れてしまいましたが…。野点感覚でお茶を楽しみたいと、ときどき思います。茶室の雰囲気もいいですね。
コムラサキ、秋色ですね。素敵です。
suzuko
2008/09/14 10:34
抹茶はあまり飲んだことないですが、日本のお茶の雰囲気を楽しんでみたいものです。
コムラサキ欲しいんですよね。
どらん
2008/09/14 21:01
shiyokoさん
柔物を仕立てていたとは、凄いですね。夏用の襦袢がなくて9月までは洋服で、秋以後は、稽古にウールなどで、着物に慣れようと思っています。
初釜は、着物の方が多いですね。
コムラサキ、去年よりたくさん枝を伸ばしています。
桂川の乙女
2008/09/14 22:00
suzukoさん
小堀遠州流ですか。流派が違っても源は一緒ですものね。
野点感覚、いいですね。私も花見や、山歩きで楽しんでいます。
コムラサキ、色濃い紫になってくれました。
桂川の乙女
2008/09/14 22:05
どらんさん
抹茶、苦いと思っているでしょ?
それが、菓子をいただいて、お茶をいただくと
これが美味しいと思うんですね。
コムラサキは、種で育つので、ご近所からいただいたら?
桂川の乙女
2008/09/14 22:08
茶道を されていたのですね。
わからないので、ふ〜ん、ふ〜んと お道具の名前も、知らないのに、うなづいている、変な、にこにこ通りです。
下駄を日常に履かれるわけに納得しています。お着物姿も、多いのでしょうね〜素敵だわ・・・
にこにこ通り
2008/09/17 22:35
にこにこ通りさん
教えられても、次回には、忘れている。そんなときを繰り返しています。忘れないように記録したのです(笑)。着物は稽古の時だけです。それも時々です(笑)。
桂川の乙女
2008/09/17 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
茶の湯 習い 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる