花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎮魂歌

<<   作成日時 : 2008/08/30 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


夢を託したアフガンで 拉致され 遺体となった

伊藤 和也さん

あなたが書いた ワーカー志望の動機を 読みました


語学はダメで

農業の知識も不足している自分を自覚しながら


ただ 私は、現地の人たちと一緒に成長していきたいと考えています

私が目指していること

アフガニスタンを 本来あるべき緑豊かな国に戻すことを お手伝いしたいということです

これは二年や三年で出来ることではありません

子どもたちが将来、食料のことで困ることのない環境に少しでも近づけることができるよう、力になればと・・



26歳で決意した あなた

日本にも こんな やさしい青年がいたのです


あなたの父上が 語りました

和也は伊藤家の誇り。精一杯、 胸をはります

和也の遺志もある 受け継いでほしい


私は 最近

日本が病んでいると思っていました

でも 日本の土壌は

あなたのような青年を育てていたのですね

嬉しいです


希望が生まれました


我が家で 咲いた 最初のムクゲを 一輪

あなたに 捧げます


2008年8月29日








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
純白のムクゲの一輪  とてもきれいです。
一日花 いい時に咲いてくれましたね。
ただ涙です・・・
shiyoko
2008/08/30 15:25
中東アジアで信頼されていた日本が、アメリカの戦争に加担するようになってNGOの住民に支持された活動まで危険にさらされるようになったのですね。
Tatehiko
2008/08/30 19:43
白いムクゲの花が さみしそうに 又 稟として咲いてます
ムクゲの花はポトリと落ちるんですね  伊藤和也さんの死を無駄にすることのないように祈るばかりです
グランドマザー
2008/08/30 21:09
shiyokoさん
この日、まっ白いムクゲが咲いていました。
純真な和也さんの心を思うばかりです。
桂川の乙女
2008/08/30 22:38
Tatehikoさん
武力では、荒らされた大地や人々の心は、よみがえりません
NGOの活動を規制する前に、日本政府がしなければならないことは
戦争に加担しないことですね。
桂川の乙女
2008/08/30 22:46
グランドマザーさん
和也さんの、志望動機を読みながら、涙が止まりませんでした。
家族の誇り、と語った父親の息子への信頼に救われます。
桂川の乙女
2008/08/30 22:56
乙女さん、こんにちは。
拉致されて解放されたと誤報でしたがあったとき良かったと思いました。
結果は恩を仇で返された形になってしまいました。同じ位の子供を持っているので他人事とは思えませんでしたが、ご両親は立派な対応をなさってましたね。私も心よりお祈りいたします。
あんこ姫
2008/08/31 11:24
悲しい出来事でした。支援先であのようなかたちで一生を終えるなんて…。
あらそいのないせかいは



悲しい出来事でしたね。あんなに地域の方々に頼りにされていた方が、一部の人間によって命を奪われるなんて…。
ご冥福をお祈りします。

suzuko
2008/08/31 14:51
アフガンは怖い、けどそんな国に向かった伊藤さん。
一国を救いたい、そんな気持ち無駄にできない。私たちは。
僕の意見です。桂川さん。
どらん
2008/08/31 21:23
開放されたとのニュースで安堵していましたが、悲しい言葉に胸が詰まりました。
ムクゲの1輪が和也さんの所に届けられたと思います。
ご冥福をお祈りします。
トマト
2008/08/31 23:52
あんこ姫さん
子どもらの未来が、豊かであるように願った和也さん
涙が出てきます。
桂川の乙女
2008/09/01 06:07
suzukoさん
イスラムの現地に溶け込んでいた和也さん
届けられる写真の笑顔で思います。
桂川の乙女
2008/09/01 06:10
どらんさん
私たちに何ができるか
海外へ出向く勇気はないけれど 身近で考えてみます。
桂川の乙女
2008/09/01 06:13
トマトさん
日本に帰ってきた 和也さんに
白いムクゲと 私たちの心が届きますように
桂川の乙女
2008/09/01 06:18
乙女さん、悲しく美しい「鎮魂花」です・・・
彼が心を尽くしてきた国で何故逝ってしまったか、どんなことを思いながら最後を迎えたか・・・
胸が痛くなってしまいます。
ぷーこん
2008/09/01 22:19
ぶーこんさん
私も「鎮魂花」にすればよかったと あとで思いました。
思いを 実行に移す・・和也さんに学びました。
桂川の乙女
2008/09/01 22:54
鎮魂歌を 捧げる桂川の乙女さんにも、胸打たれています。
伊藤さんの志望動機を読まれて、涙が止まらなかった乙女さんのお気持ちが私にも伝わりました。
勇気ある伊藤さんが、残してくれた、「希望」が、日本を変えてくれることを、願いたい!
にこにこ通り
2008/09/06 08:58
にこにこ通りさん
ありがとうございます。
和也さんを悼む気持ちが、広がってほしいです。
桂川の乙女
2008/09/06 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎮魂歌 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる