花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球の未来へ

<<   作成日時 : 2008/07/08 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

7月7日、彦星と織姫は天の川で、再会できたろうか

画像


子どもの頃、空には大きな天の川がよく見えたものだ
今は、どこへ 行ったろうか

過日、京都で「地球温暖化防止大講演会」が開催され、参加した。

衝撃を受けた内容でいえば

1990年の「京都議定書」以来、温室効果ガス削減目標を6%減らすと言っていた日本が、
逆に6%増やしているという。

世界3千人以上の科学者が参加している、国連の「気候変動に関する政府間のパネル(IPCC)」は、2007年に第4次報告書を公表。「気候システム」の温暖化には疑う余地がない」「20世紀半ば以降の世界平均気温の上昇のほとんどは、人為起源の温室効果ガスの増加による可能性が非常に高い」と結論づけた。

IPCCは、18世紀後半に始まった産業革命による工業化以前に比べて、世界の平均気温が2度以上上昇すると、激しい気候変動や生物種の絶滅など、大きな変化が起き、もしこのまま手を打たなければ、今世紀末には最大で、6.4度上昇すると警告(現在までに0.76度上昇)。

いま、地球温暖化抑制に真剣にとりくまねば、破局の到来は避けられない、と語る講演者

画像


気象台OBの方が、京都の気象データにもとづき発言

熱帯夜(最低気温が25℃以上)でいえば、1940年代は0〜2.3日が1994年は40日に。
冬日(最低気温が0℃未満)は、1940年代は年間70〜90日が90年代は15日に。
環境破壊は、自然災害と違って、人為的につくり出されたものだから、発生源をコントロールすれば防ぐことができる・・・二酸化炭素の削減。エネルギーの浪費を減らす。自動車の走行量を減らす。ゴミの減量とリサイクル。森林を育てる。太陽エネルギーの活用、大企業の民主的規制と法制化等で温暖化を防止しようとよびかける。

経済大国が寄り集まった洞爺湖のサミットでは、先ぶれに反し、地球温暖化防止への論議は今ひとつのようだ
国民のエネルギーで、地球を救う手だてを打たねば、と痛感する。

                     さて、乙女になにができるだろうか
                     無知に等しい状況を恥じるまい
                     まず、情報を集め、基本的知識を身につけよう

画像画像


画像
  


                    





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アガパンサスの花 縞模様もあるのですね 水色の花だけかと思っていました白い花とも初めて見せていただきました
地球上のこととなるとまとまらない大変さはわかりまうが 洞爺湖サミットも砂漠の緑地化50年計画と聞きまして 参加してる国の首脳の年齢から考えて
熱が入らないのではないかしらなんて考えるのは グランドマザーだけかしら・・・
まずは家庭の温暖化エコとしてコンセントを今時期使わないエアコンのコンセントも抜くこととしましょうか〜
グランドマザー
2008/07/08 21:42
大学の講義で環境問題を解決するには、人が電気などの便利なエネルギーをどれほど我慢できるかだと先生がおっしゃってました。たしかに便利な生活を捨てることは相当難しいですよね。ぼくだって今、ネットに時間かけてるし、ブログやチャットやミクシィにはまってしまった日本人には無理だと思います。
どらん
2008/07/08 22:03
こんばんは。
地球温暖化はいろんな所で議論されてますね。新聞にもエコの文字が必ずあり、無関心ではいられません。私が出来る事と言えばゴミを減らし、雨水を溜めたり、風呂水を洗濯に、マイバック持参位ですか。「Earth」というDVDを
見てもっと早急に何かをしなければという思いを強くしました。次世代にちゃんときれいな地球を残したいですね。
あんこ姫
2008/07/08 22:20
グランドマザーさん
アガパンサス、近くの公園で花盛りです。
先進国の集まりの中で日本が、地球の未来を救うために、中期の削減目標の決意ができないとは、悲しいことです。今晩のTVでドイツ・フライブルクの太陽熱利用の街づくりを放映していました。
そうですね。まず家庭の温暖化防止ですね。ゴミの減量化に努めましょう。
桂川の乙女
2008/07/09 00:04
どらんさん
個人の便利な生活をどのようにすればいいでしょうかね。無理なことなんでしょうかね。勿論、温室ガスを大量に排出している産業界が果たさねばならない責任が第一にあると思うのですが、人類の未来を救うことが出来るのは、現代に生きる私たちだけなんですね。努力する価値はあると思いませんか
桂川の乙女
2008/07/09 00:25
あんこ姫さん
山を歩いて思います。この緑の風、空気、花々を味わえる現代の私たちは、幸せなんだと。大雨が降れば、山が崩れ、川が氾濫する頻度が激しくなり、人命が失われていく。率直に語り合いたい、そして、自分たちが出来ることを見出せたらと思います。
桂川の乙女
2008/07/09 00:36
白いアガパンサスもあるのですね。
我が家にも青いものがあるのですが、近年はさっぱり花をつけません。
地球温暖化が主要テーマのサミットも、先進国の責任を何一つ口にすることなく希望的目標といういい加減なものを成果だと言ってみる。
情けないですね。
国民が声を上げることがその責任のように思いましたね。
Tatehiko
2008/07/10 14:51
Tatehikoさん
ご無理をなされませんようにね。
近くの公園に白と青のアガパンサスが涼しげです。
やはり、大きな土地がないと、この花は映えませんね。
温暖化防止でドイツの経済界が動いたのも国民の批判的世論だったそうです。
身近なところから始動させることでしょうか
桂川の乙女
2008/07/10 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球の未来へ 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる