花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の泣き声

<<   作成日時 : 2008/04/25 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

83才の母が、自転車で買い物帰りに、交通事故に遭遇。
画像
  三差路で、左右を確かめない、母の不注意だった。
  タクシーの運転手や、近所の方に助けられ
  「大丈夫です」と言って、自転車を押しながら
  帰ってきた。
  気丈にも、そのまま歩いて、近所の診療所へ向かった
  骨は真白で、骨折はない。

  ところが、その夜から、右足が動かず、
  左手の中指がゆがんだまま、トイレへも行けない。
  我が家には、ベッドがない
  畳の上に寝ていたのが、不便になり、
  急遽、リクライングの椅子に
  蒲団を敷いて過ごした。

  荷物を載せた自転車が、体の上にのったものだから
  全身打撲、毎日、あちら、こちらが痛みだす

  常の私は、母がつくる食事にあずかっていた画像
  当然、三食の担当が私にまわってきた

  あなたは、ケアハウスに入っているみたいやね
  知人からも、そう言われて
  悠々と暮らしていたのが一変した。

  二週間ほどしたころ、寝坊のため、
  朝食の準備に遅れて、台所に入った
  すると、突然聞こえる 大声で泣く母の声
  「ああ、悔しい! 娘やおとうさんに迷惑かけて
  この体が動かないのが悔しい!」
  早くから目覚めていた母が、
  朝食の準備に立ち上がろうとしたらしい。

  母は、以前に うつ症状を発生している
  ごめんね、おかあさん
  寝坊してしまって
  体が動くまで、
  一か月、二か月かかるのやから画像
  無理せんでいいから

  気分が治まるまで
  背中をさすり続けた

  昔気質の母は
  夫のことは、自分が世話するのは当たり前
  娘には迷惑かけたくない
  そんな思いで、生きて来た

  9人兄弟の長女として育った母の
  甘えるすべを知らない
  自負心が、悔し涙となってこぼれる

  事故から 一か月。
  ようやく、今朝から 母が、杖突いて、朝食の準備を始めた。
  じっとしていられない母だった。
  それが、病を乗り越える力にもなっているようだ


今日の花・・・久しぶりに 桂川の野草

          上から  ひらひら白い雄しべ ヘラオオバコ
                真赤な紅色が初々しい スイパ
                名前・・・?


地を這う トキワハゼ                              野に生えるチシャ(レタス) ノヂシャ
画像画像














つい、裏を見る これ、日本タンポポ?                   コメツブツメクサ or コメツブウマゴヤシ
画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
母上の事故知りませんでした。お見舞い申し上げます。私も気を付けなければなりません。怪我をせぬよう 病気をせぬよう 心がけながら暮らしていますが、転倒などは一瞬のことで、気が付けば骨折していた、 とゆうようなものです。ゴールデンウイークは 歩るいて足腰を鍛えるつもりです。
オペラハウス
2008/04/25 07:26
お母さん大変でしたね。心からお見舞い申し上げます。80過ぎるとちょっとしたことでもあちこち支障が生じます。わたしもなにもしないのに腰痛でここ2〜3日大変でした。あまりのことにレントゲンも撮りましたが骨や内臓に異常は無いようでほっとしました。が…こんどは紫外線アレルギーで顔中蕁麻疹が出るやら踏んだりけったりの毎日です。花はきれいだし野山の新緑はすばらしいのに「春はきらい!」って言いたくなります。くれぐれもお大事に
志賀のさざなみ
2008/04/25 09:16
それは、それは・・・そんな一か月を過ごしてこられたこられたとは!大変だったのね。とっさの場合に「大丈夫です」っていってしまうの、よくわかる。病気のわが妹も乗ってたタクシーが別の車に追突されたときにそうだったんです。結局むち打ちでずいぶん整形外科に通うはめになりました。その瞬間は緊張しているけど、あとからいろいろ故障が出てくることが多いようです。相手が名刺をくれていたので後から保険請求とか手続きができたんだけど。どちらの責任とかは別として自動車なら保険があるのでは?とにかくお大事にね。
ハーバー
2008/04/25 17:16
オペラハウスさん ありがとうございます。
そうですね。お互いに、他人ごとではないわね。
生きている機能がある限り、鍛えることをしなくては、弱っていくものね。
ゴールデンウイーク、どこ 歩くのですか。
桂川の乙女
2008/04/25 19:26
志賀のさざなみさん ありがとうございます。
さざなみさんも、たいへんだったのですね。腰痛、異常がなかってよかったです。紫外線アレルギーって、あるんですね。花好き、カメラ好きのさざなみさんが、お庭の花で我慢ですね。確か、去年もこの時期ですね。新緑がきれいな季節なのに、悔しいですね。お大事に。
母もタクシーで、医者通いが出来るようになりまして、膝痛の馴染みの医師に麻酔を打ちに通っています。

桂川の乙女
2008/04/25 19:43
ハーバーさん ありがとうございます。
妹さん、むち打ち、大変でしたね。あれは、後日にも引きずるでしょ。
母も相手の名前を聞いており、自動車保険の話もしたのですが、「自分が悪い」って言い張ってね。再度、話してみますね。
桂川の乙女
2008/04/25 19:56
お母様大変でしたね。悔しかったでしょうね。
私もバイクをぶつけられましたがやはり大丈夫ですと言ってしまいました。
そのまま車の人は安心して去りましたが、さあ大変バイクが動きません。
後輪がマフラーについていました。やられたあ〜ト思いました。
それからは何があつても大丈夫ですと言う言葉は点検してからと頭の中に入れ込みました。
トマト
2008/04/25 22:11
お母様。ご心配な事でしたね。
でも、ご快方に向かわれてるご様子良かったですね。
野の花 色々美しいですね!!
shiyoko
2008/04/25 22:51
トマトさん ありがとうございます。
トマトさんも事故に遭遇された由。身体は大丈夫でしたか。
事故直後は、緊張しているためか、「大丈夫です」ってつい、言ってしまいがち。自転車やバイクの場合も「点検」が大事ですよね。
私も気をつけて・・と言い聞かせています。



桂川の乙女
2008/04/25 23:43
shiyokoさん ありがとうございます。
親は、何が起こっても不思議ではない年齢と自覚しているのですが。
母は、日、一日と快方に向かっているようです。
朝日に浴びた、目覚めの 野の花って、ほんとにきれいなんですね。
桂川の乙女
2008/04/25 23:48
大変な日々を送られたのですね  それにしても83歳、自転車に乗れることも素晴らしい  そしてまだまだ自分のできることをなさる前向きな姿勢がこれまた素晴らしい 見習わなくては・・・・
 大事にして差し上げてくださいね
グランドマザー
2008/04/26 14:23
グランドマザーさん ありがとうございます。
母は、これまで何回も、自転車で滑って転んだり、少年にぶつけられたりして、青あざつくっていたのですが、不思議と骨折はないものだから、横着に構えていたのかもしれません。働きづめだったので、丈夫にできているのでしょうね。これで、気弱にならなきゃあいいが・・と思っています。
桂川の乙女
2008/04/26 15:58
事故後、1週間目くらいにお会いして、びくりして自動車保険の話もしてたんだけど、私の不注意やからと、お母さんらしい対応で済ませたみたいやね。気になりながら様子聞いてたんやけど……。元気取り戻してよかった。自分がやらねばと思う気持ちが、良い治療かも。無理しないように頑張ってもらって。
A子
2008/04/26 23:39
A子さん ありがとうございます。
自動車保険の話、今日、再度したのだけど、「自分が悪いから」と。
ご近所で、組立のベッドをくださる方があり、助かりました。
少し動いては、「疲れた」と言いながら、頑張っています。
桂川の乙女
2008/04/27 00:37
お母様、お父様のために、気力で、早い回復されるといいですね。心のケアーに乙女さんも神経使われて、乙女さんも、お疲れがでませんように・・・
ひまわり
2008/04/29 23:17
ひまわりさん ありがとうございます。
10年程前に、母がウツ症状になって「死にたい」と彷徨していた時期がありました。それもあり、早期退職したのですが、最近は安定していたのです。何かのきっかけで再発しないように、と願っています。
桂川の乙女
2008/04/30 15:27
うつ病のお母様への、心配りに乙女さんの心労を察します。
義父も、うつ病が、継続していますから、わかります。
その、義父が、ここ数日芳しくない状態に入っています。今は、病院ですが、食べ物が、のどを通らないのですが、食事介助に行きます。義母も、食べれないのに、毎日通い続けました。「ひまわりしっかりしなきゃ」と朝から、自分に言い聞かせているときに、乙女さんの、「5月です」のコメントを、みて、気合と優しい気持ちになれました。ありがとう〜
ひまわり
2008/05/01 08:05
ひまわりさん
嫁、娘の相違はあるけれど、病んだ人への介護は、慣れないものです。おろおろしながらも、自分をしっかりさせて、真価を試す・・ですね。そして「アハハ」と笑える日がくることを。 
桂川の乙女
2008/05/02 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の泣き声 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる