花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS とんど焼きと小正月

<<   作成日時 : 2008/01/13 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

1月15日は小正月。この日が祝日の時は、桂川の河川敷で、「とんど焼き」が行われていましたが、この頃は第二日曜に実施。今年は13日でした。
画像
今朝、とんど焼きがあるのをうっかりしていました。
6時半ごろから始まっていたようです。

竹のやぐらが
桂川の河川敷に高く組み立てられます。
正月飾りのしめ飾りや書初めなどを持ち寄って焼き
焼いた竹炭を持ち帰り、
無病息災を祈願する行事。
ぜんざいもちが振舞われます。

我が家では
戸口、トイレ、炊事場、洗濯場などに
取り付けられたしめ飾りは
小正月の15日に焼くことにしています。画像

しめ縄は、神聖な区域を普通の場所と
区別するために使用し、
災いなどの侵入を防ぐ意味があるようです。
戸口や水道、釜戸などにしめ飾りを置く事で、
家の中に悪霊や穢れが入らないようにし、
1年間の無病 息災や家内安全を願ったようです。

写真を撮れなかったのが残念です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
近頃は勝手口やトイレなどのしめ縄飾りは見られなくなりましたね。玄関の
正月飾りも今では印刷された紙を市で配布ペタで済まされています。
ドンド焼き実際には見たことがありませんが、昔から無病息災の言い伝えが守られているのですね。
トマト
2008/01/14 22:54
トマトさん
我が家も以前は門松を立てていたのですが、最近は寒菊を並べているだけ。正月らしい飾りは、家の中で小さな飾りをあちらこちらに置き、小さな御鏡を飾るだけですが・・・
桂川の乙女
2008/01/15 00:45
竹のやぐらを組んでのトンド焼き、昔を懐かしく
思い出し拝見致しました。こちらでは作義長(サギッチョ)
といって14日の夕方から行われていました。今は隣近所
2〜3軒でしめ飾りや門松を焼く、気持ちだけの小さな
サギッチョとなりました。  葉牡丹の色珍しいですね。
shiyoko
2008/01/15 22:49
shiyokoさん
そちらでは、サギッチョっていうんですか。門松、焼かれました?
所変われば・・ですね。こちらでも前日から準備していたようですが、お世話の方々はたいへんです。葉ボタンも色づいてきました。
桂川の乙女
2008/01/16 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
とんど焼きと小正月 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる