花つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 木子は いま花の里

<<   作成日時 : 2007/09/10 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家の周辺は、秋の野花が咲き乱れ、一幅の絵のなかに入り込んでしまったようだ。

帆かけ船をつりさげたような、ツリフネソウ。世界にはその数が450とも600ともいわれ、日本には3種が野生。丁度、カナダに滞在のさざなみさんが現地のツリフネソウの写真を送信(下の白とピンク)してくれた。ところで、インパチエンスも、ツリフネソウ科という。今回知った。

画像

画像


アカソ/イラクサ科カラムシ属
画像


シシウド/ セリ科
画像


イタドリ/タデ科 真っ白い小花が雪のように
画像


ホソバノアキノノゲシ・・・花はアキノノゲシに似ているが
画像

アキノノゲシの葉には切れ込みがあるという・・しかし、これにはなかった。葉を撮っておいてよかった。
画像


その花の白い冠毛がタンポポに似て
画像


木子は、冬には、2mも雪が積もるという。携帯も届かない地、TVはBS放送だけ。過疎が進み、5戸の世帯は移住者ばかりという。

友人のM夫婦は家屋を修繕し、家の前の荒れ地を整地し、小さな菜園をつくった。二週間ぶりの菜園には、猪を防止する柵ほどに、草丈が伸びており、草引きを手伝う。
その菜園から、ナスビ、キュウリ、トウガラシ、ピーマン、枝豆が食卓にならび、M子が燻製した猪肉とサバ、鯛と鰆の刺身がふるまわれた。

30年の時は流れ、それぞれの歩みを飲み込んで、昔の名前が、とびかう不思議よ

遊農塾。15年前に大阪から移住した橋本氏の指導で農業を学ぶグループ。今日は、私たちも、草引きと大根の種まきを手伝い、橋本宅で昼食パーティ。 すっかりグループに溶け込むM子夫婦だった。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木子は いま花の里 花つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる